また脱水症状…、緊急入院

退院後も日曜日以外は通院で点滴を受けていました。

退院から19日目、突然また胆汁が止まってしまいました。

この日はたまたま土曜日で、外来も午前中に終わってしまったため私は恐る恐る自分で処置をする事にしました。

処置は上手く行ったようで胆汁は流れ出し、事無きを得ました。


しかしこの2日後から胆汁の出が一気に増えだしました。

【5,400cc】 ⇒ 【4,250cc】 ⇒ 【4,250cc】


私は口からも出来る限り水分を摂るよう努めましたがこの量では追いつく事が出来ませんでした。


そしてその翌日の2005年(平成17年)6月2日、あの恐れていた『脱水症状』にまた襲われてしまいました。

幸い、この時はまだ軽い症状だったので私は急いで妻に病院まで送ってもらい主治医に診察してもらいました。

そのまままた、緊急入院となってしまいました。

この時の入院では、食事は無理でしたが、水分は摂っても良いとの許可が出ていました。


この頃、体重を量る機会がありました。

そのつい数日前、家で量ったときは『45キロ』ありました。

この時は『42キロ』でした。


さすがに食事が出来ないとあっという間に体重は減ってしまうものです。

『数日間で3キロも減ってしまった。』とガッカリした気持ちはありましたが、それでも私は『今の体調だったら食べ始めればまた体重は増える』と言う前向きな気持ちもありました。





■私に聞きたい事等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ