赤飯で大変な胸やけに・・・

この日、私は赤飯で大変苦しい胸やけも経験しました。


イチゴ狩りの帰り道、道の駅の物産店に立ち寄りました。

それぞれの地域の物産店らしく、珍しいものがたくさんありました。

私達はその物産店でそれぞれ好きな弁当を買う事にしました。


私はこの頃、味覚の変化に苦しんでいたため何が食べられるのか、正直分からなかったのですが、その中でも『赤飯』が美味しそうに見えたので、久し振りに食べてみようと赤飯を買う事にしました。

しかし買ってはみたものの、イチゴ狩りで腹一杯イチゴを食べた後だったのですぐには食べられそうに無かったので、結局赤飯はその後に立ち寄る末娘の家で食べる事にしました。


その後末娘の家に到着。

良く言う『小腹が空いてきた』状態だったので、赤飯を少し食べてみました。

「あ!美味しい!」

赤飯がとても美味しく感じました。


私の退院を祝ってくれるかのような思いがしました。

私は、一口、二口と食べ始めました。


「赤飯は消化が悪いからあまり食べ過ぎない方が良いよ。」

「でも旨いんだよ!少しくらいだから大丈夫だよ。」

ゆっくりでしたが、半分位を食べ切りました。


その後に私はとても大変な思いをしてしまいました。

食べ終わってしばらくすると、妻が心配していた通り、『胸やけ』を感じるようになりました。

時間が経てば治るだろうと思っていましたが経てば経つほど『胸やけ』はひどくなるばかりでした。


「お父さん、大丈夫?」 

「ホラ、私が言った通りでしょう?!(笑)」

皆がクスクス笑っているのが悔しく思いましたが、その通りだったので何も言えませんでした。


その後も胸やけはひどくなるばかり、家に帰る頃には車の運転すら出来ない程にまでなってしまい、私は娘ムコに運転を代わってもらいました。


帰りの車中、恥ずかしい事に私は胸やけのために座る事さえ出来ず、後部座席で横になったままで乗って行きました。


しかし良く考えてみればこの酷い胸やけは当たり前の事でした。

この日は、退院日・・・、この日の朝まで病院食、しかも『おかゆ』を食べていたのです。

いくら『美味しく食べられる』と言ってもいきなり消化の悪い赤飯が胃の中に流し込まれた訳です。

胃もビックリしてしまいますよね。。。


20数年ぶりのスピード違反や大変な胸やけなどでとてもバタバタとした1日でしたが『また来年もイチゴ狩りに行こう!』など、久々に家族で出かけ、盛り上がり、楽しい時間を過ごす事が出来、私はとても満足していました。

それにしても、酷い胸やけにはなってしまいましたがこの時食べた赤飯は本当に美味しく感じました。




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ