胆管の再検査をお願いする

胆汁の出が1,000cc以下に減り始めて来ました。2005年(平成17年)11月初旬の事です。

私はその症状がとても気になり、主治医に聞いてみる事にしました。


良く考えれば、胆管が正常になり胆汁が体の中へ流れ始めていると考えられますし、逆に悪く考えると、また詰まってしまう前兆とも思えるからです。


私は久し振りに主治医の外来の日に病院に行きました。

「笹野さん、だいぶお元気そうですね。」主治医は言いました。


「お陰さまで体調は良いです。ところで相談したい事があるのですが、
胆汁の出る量も1,000cc前後で安定していたので点滴を止めてみて様子を見ていましたがここへ来て、更に出る量が少なくなって来たのです。
それも安定して少なくなっています。これは良い事なのでしょうか。


「胆汁の出が安定している事は良い事だと思いますよ。」

「良かったです。ありがとうございます。今現在、私の胆管がどうなっているのか検査をして頂く事は可能ですか?

「そうですね。分かりました。検査の日を決めましょう。」


と言う事でその場で検査の日を決めました。

「ところで先生、もし胆汁が少しでも流れていれば胆管を広げるバルーン手術をする事は可能ですか?」

「少しでも流れていれば大丈夫だと思いますよ。とにかく検査をしてみましょう。」


私は期待のあまり少々先走った事まで聞いてしまいました。

ただもちろん逆の場合(詰まり始めている)も考えられる訳で、私は期待と不安が入り混じる中、検査の日を待つことにしました。


家に帰ると、私は妻に主治医とのやりとりを話しました。

「出る量が安定して減っていると言う事は胆汁は身体の中へ流れていると私は良い方向に考えられるような気がするな。
ちょっと前までは1日2,000cc前後だったでしょ?!
それが今は600ccとか700ccとかに減って来ているのだから半分は体の中に流れていっているような気がするんだけどなぁ。」


元看護師でもある妻の見解に私はとても嬉しくなり、

「嬉しい事言うなぁ!もしそうだったらこのチューブも取れるのだろうな!」

「お父さんってば(笑)。でもまだあまり期待しすぎない方が良いよ。」

そして一言、

「今度は同じ失敗をしないようにね。」

造影剤の事です。

痛い一言でした。




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ