ある日の事でした。
私はエレベーターに乗ろうと点滴台を押して歩いていました。

エレベーターの前のイスに後ろ向きに片足のひざを乗せ、外を眺めている中年女性の患者さんがふと目に留まった事がありました。


その方は何処となく寂しそうに見えました。

わき腹からは私と同じように胆汁を出すチューブが出ていました。

しかも『2本』出ていました。

私は長い入退院生活の中でもチューブを2本出している患者さんは初めてでした。

胆汁の色も私とは違っていました。
私のはビールのような色でしたが、その方は黒に近い緑色の胆汁でした。


私は特に声をかける事も出来ず『余程大変な病気なのかな。』そう思いながらエレベーターに乗りました。


私は妻が見舞いに来てくれた際に、その患者さんの事を聞いてみました。

元看護師でもある妻は
「もしかしたら『胆管ガン』の患者さんかも知れないね。」との事でした。

私は一言に『癌』と言っても、いろいろな種類の『癌』があるものだと思いました。


その方とはこの一時だけお会いしただけでその後もお会いする事はありませんでしたが、何故かとても心に残っている出来事なのでこのブログに掲載させて頂きました。




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら