肝臓移植を止める決心をする

その健康食品を飲み始めて約1週間、今までに無い『心地良さ』を感じ、体調が何となく良くなっている感じを受けていました。

『このまま何事も無く飲み続けられると良いな。』

そんな事を考えて日々を過ごしていました。

しかし、肝臓移植をするため、大学病院へ入院する日まで迫っていました。


もう、肝臓移植を受けるか否か、決断をしなければならない状況でした。

私の体調は、良い感じがする時もあれば、もちろん悪い状態の日もありました。


しかし、私はこう考えました。

『悪い時もあれば良い時もある、言い換えればずっと悪い状態が進んでいる訳では無い、と言う事は肝臓ガンの進行が進んでいる訳では無いのか?
もしかしたら肝臓ガンの進行に《ブレーキ》がかかり始めているのではないか?!』


そんな事を考えながら、肝臓移植を止める決心をしたこと、今でも覚えいます。


ある日、妻がちょうど食事の支度をしていた時でした。

私は妻を見ながら、決心しました。

『健康な妻を肝臓移植の提供者になんて出来る訳がない。肝臓移植は止めよう。』と。


私はこの時期、体調の好転で思考が復活していたこともあったのでしょう。

自分自身の【直感】のみを信じて、肝臓移植を受けない事を決心しました。




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ