胆汁のチューブが抜けてから数時間が経っていました。

チューブが通っていた穴が塞がるのに数日かかると言われていました。

「穴が塞がるまでは胆汁の通り道になっていますから胆汁が出てきてしまう事があります。」

主治医にそう言われ、ガーゼが何枚も重ねて当ててあるのですが私は何となく気になり、良くわき腹に手を当てていました。

しかし、心配とは裏腹に胆汁がしみ出て来ることはありませんでした。


妻にチューブが抜けた事を伝えようとベッドから立ち上がりました。

やはり無意識に容器のヒモを探していました。

廊下を歩いていても、『何も付いていない』自分の身体に違和感さえ感じてしまいましたが何か『晴れ晴れ』とした爽快感と言うか、気持ち良さを感じていました。


癌を克服した実感が、何気ない行動一つ一つから実感する事が出来ました。


1階に降り、いつもの喫煙所で妻に電話をしました。

「良かったね!本当に良かった。退院の日が決まったらお赤飯を炊いてお祝いしようね。」
妻も喜んでくれました。

私はその後、長男と長女、そして次女とそれぞれの子供達にも連絡をしました。


皆喜んでくれました。

今までがとても辛かった分、本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした。




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら