同室の方も健康食品を…

そう言えばこんな事もありました。

たまたま同室になった方が、やはり病院の治療とは別に健康食品を飲んでいる方がいらっしゃいました。


入院中のある日、同室の窓際にいる方が私に話しかけて来ました。

その方は私より年配で、病状は私と同じ肝臓ガンでした。

これから抗がん剤の治療が始まるとの事でした。


その方は私に「コレは癌に効くらしいよ。」

とベッド隣りのサイドテーブルの引出しを開け、スティック状のものを私に見せました。

「それは何ですか?」

「アガリクスってものだよ。」

それは、私が飲んでいるものとは違いましたが『アガリクス』の健康食品でした。


良く見るとその方のテーブルの上にはアガリクス関連の本が何冊もありました。

「ずいぶんありますね。これ全部読んだのですか?」

「そんなもの、読みたくもないよ。それよりこれ、アガリクス、飲んでみるかい?」

その方は、そのスティック状のアガリクスの健康食品を私に差し出そうとしました。

私は「違う健康食品を飲んでいますから。」と丁重にお断りしました。


「ガンに効くらしいよ。」と言ったその方の言い方、そしてその方自身がその健康食品に対してとても半信半疑と言うか、疑問的な感じがした事を覚えています。

やはり、何を飲むにしても何をするにしても自分でそれを信用していないと効くものも効かないですよね。





■私に聞きたい事等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ