バルーン手術の説明を受ける

わき腹から出ている胆汁を出すためのチューブ、『これが無ければどんなに自由になれるのだろう。』私はこの頃、いつも考えていました。


どこへ行くにも何をするにもチューブと胆汁の容器、これが邪魔でストレスにもなっていました。

胆汁容器

バルーン手術が受けられれば・・・。

何としてもバルーン手術を受けてこのチューブを外してもらいたい、とても強い思いでした。


バルーン手術の可否検査のため入院した日の夕方、先生から検査と手術の説明を受けるため呼ばれました。

看護師さんに案内され先生が居る部屋へ。


「5月2日に検査を行う事にしました。検査の結果、手術が可能と判断出来ましたらそのまま胆管を広げる手術に入ります。
検査は造影剤を入れて行います。器具のメーカーの社員も立ち会う予定です。」


37-1↑その時のバルーン手術説明・同意書



先生は説明を続けました。


「笹野さん、手術の結果は数字の【1、2、3】で伝えますね。

『ん? 数字の【1、2、3】?』


更に聞き進めて行くとこういう事でした。

1:手術不可能

2:手術可能

3:手術をしなくてもチューブ外せる(胆管が正常に戻ってる)
  でした。

「分かりました。先生、宜しくお願いします。」

私はそう言って先生の部屋を出ました。

部屋に戻り、夕食を済ませてテレビを見ていると妻が健康食品を持ってきてくれました。

『上手く行けば数日後にはこのチューブが無くなる!』

私はウキウキして妻に話しをしました。




■私に聞きたい事等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ