また脱水症状?! 2度目の救急車

私はまたもや脱水症状の症状で、2度目の救急車要請をしてしまいました。

娘の車の修理作業をした翌日、昨日までの調子良さは何処へやら・・・、この日は朝から体調が良くありませんでした。

朝食も無理して食べましたが、身体がだるくて気持ち悪い状態でした。

私はその症状からして、前回の緊急入院の時と同じように『脱水症状』が頭をよぎっていました。


水分は多く摂るよう、心掛けていましたが、それ以上に胆汁の出る量が多い事がここ数日気になっていたからでした。

朝食後、私はソファに座りゆっくりしていました。

そして昼食の時間。。。


やはり食べられそうもなかったので私は妻に「気分が悪くて食べられそうも無いから後でいいよ。」と伝えました。

「味噌汁だけでも飲んだら。少しでもお腹に入れた方が良いよ。」

私もそう思ったので『頑張って』味噌汁だけ飲みました。

その後もこの日は食べる事が出来ませんでしたが果物などで水分と栄養を出来るだけ摂取するよう心掛けました。


そして翌日の2004年(平成16年)5月31日。

体調は前日より悪くなっているようでした。

私は脱水症状対策として水筒に氷水を入れ、いつも枕元に置き、少しずつでも水分を摂るようにしていました。

朝食はまた味噌汁のみでした。


その後ベッドで横になっていると、急に足がつって動けなくなってしまいました。

私は枕元に置いておいた携帯電話で別室にいる妻を呼びました。


万一、私の声が出せなくなったり、声が出せない程の痛みや苦しさに襲われた時は一刻も早く妻に知らせられるように携帯電話の着信音を鳴らす事を事前に妻と決めていました。

そのような『決め事』があったため、妻はビックリして私の部屋に飛んできました。

「ゴメン・・・、何だか急に足がつって動けないよ。」

妻はマッサージしてくれました。
しばらくすると足のつれがほぐれてきました。

・・・と思ったら、また数分もしない内に足がつってしまいました。

何もしていないのに、です。


そんな事を数回繰り返しているうち、今度は吐き気に襲われました。

私は耐えきれず吐いてしまいました。


これらの症状・・・、やはり前回の『脱水症状』に酷似していました。

肝臓がんの悪化は、正直、自分ではどうする事も出来ませんが脱水症状はある程度自分で対策する事が出来ます。

私はそう考え自分なりに脱水症状対策をしてきたつもりでいたのにと複雑な思いでいました。


妻も同じように感じていたのでしょう、
「早く病院に行こう。」

そうは言っても前回と同じで、動こうとすると吐いてしまい動けませんでした。

しかし、横になっていると吐き気に襲われる事はないためしばらく様子を見ながら横になっていました。


そんなこんなで夕方近くになっていました。

様子見で起き上がろうとしたらまた吐いてしまいました。

しかしこの時、赤黒い物が混じっていました。


「お母さん、コレ何だろう。」

「もしかしたら吐血かも知れないよ。早く病院に行かなければ。」

「救急車を呼ぼうか?」

「そうしよう。救急車を呼んでくれ!」


こうして『2度目』の救急車要請となりました。

ちなみにこの時も私は、『気を使って』か・・・、1階まで降りて救急車を待ちました。。。





■私に聞きたい事等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ