こんにちは。笹野富美夫です。

孫達の運動会も無事に終えました。

これからの季節と言いますと、私の趣味のひとつ、『キノコ狩り』のシーズンです。


そんなことで、つい先日私達夫婦は軽井沢へキノコの下見を兼ね、キノコ狩りに行く事にしました。

キノコ狩り1:肝臓がん末期闘病記(徒然日記)

この日の軽井沢の気温は『13℃』。

「寒くなく暑くない」と言う、キノコ狩り日和でした。


キノコ狩り20131009-2:肝臓がん末期闘病記(徒然日記)

楽しみの紅葉ですが、まだこの通りでこれからのお楽しみと言うところでしょうね。。。

でも雄大な浅間山は見る事が出来ました。


しかし、山の天気は変わりやすいと言われるように、少しすると浅間山の頂上は雲で見えなくなってしまいました。

キノコ狩り20131009-3:肝臓がん末期闘病記(徒然日記)

我が家から一般道を走り約1時間40分、ようやく目的地の場所に到着しました。

キノコ狩り20131009-5:肝臓がん末期闘病記(徒然日記)

写真の奥の林が今回のキノコ狩りの場所になります。

早速、林の中に入ってみると、いろいろなキノコがあっちにもこっちにも生えていました。

しかし肝心な『食べられるキノコ』が全く見当たりません。

20131009-5



しばらく目を凝らして探していると、1つだけ食用のキノコを見つけました。

キノコ狩り20131009-6:肝臓がん末期闘病記(徒然日記)
【ヌメリイグチ】です。


いつもならすぐに『収穫』なのですが、この日は妻と顔を見合わせ、『・・・? ・・・。』

結局そのままにして帰る事にしました。


こうして今年初めてのキノコ狩りは収穫ナシでした。こんな事は本当に珍しいです。

収穫が無いと正直、疲れは余計に感じてしまいますが、健康のため、軽井沢に森林浴に来たと思えば・・・。


『長いキノコ狩りには時にはこんな事もあるさ。』などと自分に言い聞かせつつ、帰りはいつも立ち寄る上信越道・横川サービスエリアへ。


帰りにここでヒレかつ定食を食べるのが私達の『定番』です。

しかし量が多くて私も妻も未だかつて一度も完食出来ていない事もこれまた『定番』で・・・。
そんなこんなで今年初めてのキノコ狩りでした。


⇒徒然日記トップページへ