こんにちは。笹野富美夫です。

2018年(平成30年)1月も中旬になり、冬本番という寒い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

私はと言いますと、前回、お話しを致しましたように、年末に指にばい菌が入り、正月は風邪を引いてしまいましたが、お陰様で指はだいぶ良くなり、風邪は治癒力で治しました。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-1)


今回ご紹介する、新たに我が家の一員となったハリネズミです。
名前は『ハナちゃん』と名付けました。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-2)


これで、ハリネズミは『モグちゃん』と『ハナちゃん』の2匹になりました。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-3)



こちらが『モグちゃん』です。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-4)

顔は色白でだいぶ大きく成長しました。

『モグちゃん』が我が家の一員となった時は、警戒心が強かったのか、針を立て、カクカクと音を立てて丸まってしまう事が多かったのですが、それでも最近は手の上に乗せられるようになり、可愛さも倍増です。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-5)



新たな一員の『ハナちゃん』は、生後間もなくで我が家に来て、水分はペット用の粉ミルク、エサは柔らかめにして食べさせています。

生後間もないためなのか、『モグちゃん』のような強い警戒心もあまりなく、針も柔らかいので、素手でも安心して触れます。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-6)

『モグちゃん』と『ハナちゃん』、同じハリネズミでも顔も針の色も違うので、ちょっと調べてみたら意外といろいろな種類があることが分かりました。

我が家のハリネズミ:肝臓ガン末期闘病記(徒然日記20180117-7)

ちなみに『モグちゃん』はシナモン、『ハナちゃん』はソルト&ペッパーという種類のようでした。

種類はどうであれ、ともに愛らしくてとても可愛いです。