こんにちは。笹野富美夫です。

私が住む地方では、寒い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

私は相変わらず元気です。


つい先日、私が住む近くの川で、コハクチョウが越冬している場所に、食パン一袋を持参して、私と妻の2人でコハクチョウに餌やりを兼ね、見に行ってみました。


この場所に、コハクチョウが越冬するようになってから、年々越冬するコハクチョウの数も多くなり、妻が数えた限りでは、今年越冬しに来たコハクチョウは【150羽前後】にまで増えているようでした。

コハクチョウの越冬地2【肝臓がん末期闘病記:徒然日記】


またこの場所は、地元のメディアなどでもコハクチョウの越冬地として報道されるようになってから、コハクチョウを見に来る方や撮影する方、餌やりに来る方などで多くなりました。

コハクチョウの越冬地3【肝臓がん末期闘病記:徒然日記】


そんな中、私達は持参した食パンを細かくして川に投げ入れ、コハクチョウがついばむ姿を見ていると、『今年も良く来たね。』と言葉をかけたくなる思いでした。

持参した食パンも終わりかけたころ、何と『黒い白鳥?』が2羽、私達の近くに寄って来るではありませんか。

コハクチョウの越冬地5【肝臓がん末期闘病記:徒然日記】

私も妻も、黒い白鳥(?)を見るのは初めてでした。

食パンをついばむ黒い白鳥(?)は、オスとメスなのか、くちばしは赤いオレンジ色で、真近で見ると、何とも言えない迫力があります。

コハクチョウの越冬地1【肝臓がん末期闘病記:徒然日記】
コハクチョウの越冬地4【肝臓がん末期闘病記:徒然日記】

私達の近くでコハクチョウを撮影されていた方の話しでは、黒い白鳥(?)は【コクハクチョウ】と言うようでした。


持参した食パンも終わってしまったので、私達はしばらくハクチョウを見ていて、次回来る時もまた、【コクハクチョウ】を見られれば良いなと話しながら帰る事にしました。



⇒徒然日記トップページへ