こんにちは。笹野富美夫です。

今回、【ガンと言う病気は理解する事が大切】について、私の経験を含めて何回かに分けて話しをしたいと思います。

ガンという病気

ガンという病気は、ウイルスなど体外から侵入するものではなく、自分自身が作り出してしまう病気だと言われています。

目に見えない話しですが、私達の体は約37~60兆個とも言われる細胞から成り立っています。

そしてその一つ一つの細胞は、古くなった細胞は死に、新しい細胞に生まれ変わるという新陳代謝を常に繰り返していると言われています。

その新陳代謝が正常に繰り返していれば良いのですが、何かしらの原因で新たな細胞に異変(突然変異)が起こり、その結果、ガン化してしまう細胞が発生するようです。

その数、1日数千個とも言われています。


しかし、私達の身体には免疫機能(免疫細胞)がある事は多くの方が知っていると思います。

つまり免疫機能(免疫細胞)が異物(身体に必要が無い物)を認識すると排除してくれるという機能です。

ではなぜ、ガン化してしまった細胞が残ってしまい、ガンを発症してしまうのでしょうか。

免疫機能(免疫細胞)について

私達が住む日本では毎年、約100万人の人が新たにガンを発症しているそうです。

免疫機能(免疫細胞)が備わっている私達の身体にガンが発症してしまうのはなぜなのでしょうか。

もしかして身体を守る免疫細胞に問題がある?

私達の身体を守る免疫細胞は血液中の白血球と言われています。

白血球には、顆粒球・マクロファージ・リンパ球が主な免疫細胞で、それぞれの働きで体は守られています。

ということは、『免疫力がある?無い?』は白血球に問題がある?

血液検査で白血球(WBC)の基準値は【4,000~9,000】と言われています。(病院によって数値は多少異なることもあるようです。)

白血球の数値が4,000以下の場合、医師から『免疫力が低い』と判断される事が多いと思います。

ちなみに私が最近受けた血液検査での白血球の数値は【6,600】でした。(私なりにやや満足しています。)
2018年12月に受けた血液検査結果


⇒徒然日記トップページへ