末期がんとモルヒネ

私は闘病中、モルヒネを使用したことはありませんでしたが、今回はモルヒネと末期ガンについて、そしてモルヒネと余命についても私なりの考えをお伝えしたいと思います。

末期ガンの痛みとモルヒネ

末期がん患者さんの約70%は、痛みの症状が現れると言われています。

その『末期がんの痛み』の原因はいろいろあるそうです。

*癌の進行(増殖)に伴う痛み

*原発巣のガンの進行により、血液やリンパ液の流れに乗り内臓などの器官へ転移の浸潤による痛み

*骨転移による痛み

*ガンの進行により末梢神経の浸潤による痛み

*白血病の痛み

などが主だそうです。


私が肝臓ガンで闘病中、お世話になった病院(総合病院)は、痛みの程度を数字の1~5までで答える指導をされていました。

itami




ガンの痛みを止める薬として、
【ロキソニン】、【ボルタレン】、【モルヒネ】などが主になると思います。


痛み止め(薬)は、『副作用が無い』と思われている方は意外に多いように思います。


しかし痛み止めも『薬』ですから何らかの副作用があると考えた方が良いと思います。

その副作用についてちょっと調べてみました。


【ロキソニン】
唇や口内のただれ、胃、腸を荒らす、発熱、疲れやすい、むくみ、体重増加、吐き気、食欲不振など。


【ボルタレン】(強い痛み止め)
胃痛、腹痛、発疹、むくみ、下痢、腎臓の異常、肝臓の異常、吐き気など。


【モルヒネ】(強力な痛み止めで段階的に使用)
便秘、吐き気、嘔吐、眠気など個人差はありますが、副作用として挙げられています。

私のガンによる痛みは、『3』くらいでロキソニンを使用しましたが、効果が無い時には、モルヒネ(麻薬)を勧められた事もありました。

しかし、私はモルヒネに対してとても強い拒否感を持っていたので、ロキソニンをずっと服用していました。

闘病中のある日、突然の吐き気から口の中が苦しく感じ、今まで食べられた物も不味く感じるようになってしまい、食欲不振になってしまいました。


それでも食べないと末期がんに負けてしまうと思い、外出時や外泊時には、妻と一緒に何か食べられるものは無いかと、スーパーや惣菜店などに良く足を運んだりしていました。


闘病中は、『食べられるものはなんでも食べる』が私の基本的な考えでした。


時には嫌いな食べ物も我慢して食べたことを思い出します。


そうしているうちに、身体の免疫力が高まって行ったのでしょう・・・、ガンが縮小し痛みから解放されました。


ガンの痛みは、経験をした方だけが知る痛みだと思います。

痛みは我慢しないで痛み止めを使用した方が良いと思いますが、
『副作用がある』と言う事を、知っていて欲しいと思います。

特に、『吐き気や食欲不振』の症状は、末期ガン患者にとって避けたい症状だと思います。

モルヒネと余命

モルヒネと余命について、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

良く、『モルヒネを使いだしたらもう余命わずか、余命が無い』などと言われていますが、果たしてそうなのでしょうか。

実際、モルヒネを使用するという事は、上記の痛みの程度で言っても、『4』か『5』に当たる、いわゆる末期ガンの中でも終末期に当たる場合が多いという事から、そのような言い方をされるのだと思います。

しかしモルヒネは強い薬ではありますが、あくまで鎮痛剤ですので、モルヒネと余命の直接的な関係は薄いと言えると思います。

とはいえ、モルヒネは劇薬ですから、副作用をはじめ、良く理解することがとても大切だと思います。


『末期がんを経験して』トップ






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ