末期ガン患者さんへの接し方

私は末期ガン(肝臓ガン)を患い、約1年半と言う長い闘病生活の中、入退院を繰り返す事で、多くの癌患者さん、そして末期がん患者さんと接する機会がありました。

患者さんの多くは『治ることを信じて』癌治療を受けられていました。

またガン治療を受けながら代替療法として健康食品を活用されている患者さんや、免疫療法を活用されている患者さんもいらっしゃいました。

私が入院していた病院は、患者さんの意見を尊重する事を掲げる病院でしたので治療以外にも代替療法も希望があれば認めてくれたようです。(今現在の方針は分かりません。)


その中で、切実な思いでガン患者さんを支えるご家族の方々と接する機会もありました。

私がそのような方々と接して感じたのは、『治ることを信じて』なのか、病気の事はあまり触れずに、その方々の私生活の会話が多かったように思います。


私の家族も私の病状を考えると深刻な思いだったと思いますが、妻も子供達も病状のことはあまり触れずにいつもの生活の会話で私に接してくれました。


この闘病記ブログを訪れた方から『末期ガン患者さんの接し方について』ご相談メールを頂く事があります。

私はいつも、『あまり深く考えずに自然体のままで接してあげて下さい。』とお伝えしております。


何故なら私自身が闘病中、孫含め家族皆が自然体で接してくれた事で生きる事を考えられたからです。

もちろん病状にもよると思いますが自然体でいる事でお互いに気を使う事も無く、いつもの会話が出来、それが良い方向(気持ち)へ向かうのではと思います。


『末期がんを経験して』トップ




■私に聞きたい事等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ