ガンの放射線治療

ガンの治療法は、3大療法(手術・放射線治療・薬剤治療)が主と言われています。

その中の一つ、『放射線治療』には、エックス線・電子線・ガンマ線があるようです。

また、放射線治療は外から放射線を当てる『外部照射』と、内側から当てる『内部照射』が主なようで、ガン細胞を破壊してガンを消滅させたり、小さくする治療法と言われています。


放射線治療の大きなメリットは、手術に比べて肉体的な負担が少ない、機能(臓器)を温存しながら治療が出来る、体調が良ければ外来通院で治療が出来るなどが挙げられます。


ちなみに放射線治療は、ガンの治療として単独で行われる事もありますが、抗がん剤治療と併用で行われる事もあるようです。

放射線治療が受けられるガンの種類

  • 脳腫瘍
  • 頭頸部腫瘍
  • 肺ガン
  • 食道ガン
  • 乳ガン
  • 肝臓ガン
  • 前立腺ガン
  • 子宮頸ガン
  • 悪性リンパ腫
  • 転移性腫瘍   など。

また、放射線治療でも精度が高いと言われる、【陽子線治療・重粒子線治療】がありますが、施設がある病院は限られるようです。


放射線治療はガンの進行度よっては治療が受けられない事もあるそうです。

やはりガンは早期発見が何よりも大切ですね。


⇒【ガンに対する悩みと疑問】トップページへ




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ