「肝臓がん末期闘病記」の記事一覧

人生の再出発(最終章)

病気になって思う事・・・、
今まで元気で暮らしてきた時のように
【普通の生活が何よりも幸せなんだ】と言う事でした。

主治医の『本音』、そして兄へ感謝

この言葉は主治医の本音だと思いました。抜粋は投稿内容から自分で作成する要約で、テーマの中で使用できます (オプション)。詳しくは解説ページをご覧ください。

「医学会において例がありません。」

「笹野さん、笹野さんのような方は医学会においても例が無いと思いますよ。」

私の頭の中では長くて辛かった闘病生活が駆け巡っていました。

ガン克服後の『初仕事』

修理期間はわずか2日間、私にとってガン克服後の初仕事、約2年ぶりとなる仕事でした。

3ヶ月ぶりの病院

主治医と約束した初めての血液検査の時期が近づき、
私は肝臓がん克服後、3ヶ月ぶりに病院へ行き、診察を受ける事にしました。

末期がん克服後、元気な体で年末年始を迎える

2005年(平成17年)12月下旬、
私は末期ガンを克服し、ようやく夢にまで見た風呂にも入れるようになり、
徐々に元気だった頃の生活を送る事が出来るようになっていました。

免疫力で末期がんが治る?!

『自然治癒力』とは良く耳にしますが
私は改めて人間の身体は凄いものだと思いました。
私のような余命3ヶ月の宣告を受けてしまうような末期がんでも治す力があるのですから。。。
本当に人間の身体は不思議です。。。

サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ