黄疸

肝臓ガンから、黄疸になる人は多いように思います。

私も黄疸の症状の悪化(痒みや下痢など)により、闘病中は本当に大変な思いをした経験があります。

私の身体の異変は、身体がだるい、熱があるという風邪に似た症状でしたが、目に見える異変が出てきたのは黄疸でした。

目の黄疸(白目が黄色くなる)から始まり、身体全身に広がる中、痒みや下痢などという症状が出て大変な思いを経験しました。

黄疸の原因

黄疸は、血液中のビルビリン濃度の上昇により、粘膜や全身の皮膚が過剰に沈着(黄色)した状態と言われます。

ビルビリンは、血液中の古くなった赤血球を破壊するときに出来る黄色い色素の事だそうです。

そしてビルビリンは、血液から肝臓に運ばれて胆汁の成分となり、脂肪を消化するために必要な液体(胆汁)だといわれます。

黄疸の原因は、急性肝炎や肝硬変、肝臓ガンが主ですが、以下の通りです。

  1. 溶血性によるもの       (溶血性貧血)
  2. 肝細胞の障害によるもの    (肝細胞性黄疸)
  3. 胆汁の流れが障害されるもの  (閉塞性黄疸)
  4. 体質性によるもの       (体質性黄疸)


黄疸として治療が必要なのは、1~3のようです。

黄疸の対処療法

黄疸の対処療法として、上記2【肝細胞性黄疸】と3【閉塞性黄疸】の主な治療法です。

ERBD(内視鏡的逆行性胆道ドレナージ)
胆汁が流れる胆管の塞がれた狭窄部へ狭まりを防ぐためステントを留置する治療法
PTBD(経皮経肝胆道ドレナージ)
ガン(腫瘍)で塞がれた胆管にステントを挿入して胆汁を体外に排出する。


私の黄疸の原因は、肝臓ガンの進行(大きくなる)に伴い、胆管が圧迫され、胆汁の流れが止まってしまった事でした。

治療は《PTBD(経皮経肝胆道ドレナージ)》を受けました。



⇒【肝臓ガンに伴う様々な症状】トップページへ




サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ