肝臓ガンの主な原因

今回は肝臓ガンの主な原因についてお伝えしたいと思います。

肝臓ガンは、【原発性の肝臓ガン】と、他の臓器からの転移によって起こる【転移性の肝臓ガン】に分けられます。

原発性、転移性合わせて『肝臓ガン』と診断される人は、年間約4万人と言われ、その内3万人以上の人が亡くなっているとも言われています。

原発性の肝臓ガンは肝炎ウイルス感染が多い

原発性の肝臓ガンと診断される人の80%以上はB型(HBV)肝炎ウイルス、もしくは、C型(HCV)肝炎ウイルス感染からの発病が多いようです。

ちなみに、私の肝臓ガンの原因は、【C型(HCV)肝炎ウイルス】によるもので、原発性の多発性肝臓ガンと診断されました。

いつ感染したのか・・・? は未だに不明ですが。。。

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染すると?

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染すると人の身体はどのように変化していくのでしょうか。

身体には免疫機能(細胞)が備わっているので、ウイルスなどに感染すると、排除しようと、ウイルスを攻撃します。
その時に肝臓の細胞を一緒に破壊してしまうため、肝臓に炎症が起こり肝炎になると言われています。

肝炎ウイルスに感染してから約2週間~1ヶ月後に急性肝炎を起こすようですが、その後約60~80%の人は治らずに慢性化になるようです。

慢性化になると、破壊される肝臓の細胞が増え、肝硬変へと進行すると、肝臓ガンの発症率も高くなると言われています。

不安がある方は血液検査を!

私の経験からも、不安がある方は一度、B型肝炎、C型肝炎ウイルスの感染の有無について血液検査を受ける事を強くお勧めします。

ちなみに現在は、C型肝炎治療薬ですが、新たな新薬によって治癒力が大幅に高まっていると言われています。


⇒【肝臓ガンに伴う様々な症状】トップページへ




サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ