肝臓ガンと発熱

肝臓ガンに限らず、『発熱』は、体内に異物(ガン・病原菌など)が侵入したことにより、身体を守るための防衛反応の働きの一つで、身体を守るために熱を出す、つまり発熱することは、体内の免疫機能を活発にさせる事で、侵入してきた異物の増殖を抑え、退治する働きを持っています。

肝臓ガンでの発熱の経験

肝臓ガンでの発熱の経験にはこんな事がありました。

:まだ肝臓ガンの宣告を受ける前、体調の異変を感じていた頃は、微熱が続くという風邪に似た症状が続いていました。

:肝臓ガンの告知後の闘病中は、中等熱が続いていました。
時には解熱剤を使用することもありましたが、発熱は免疫(細胞)がガンと闘っていたのだと思うと、むやみに熱を下げないことも必要・・・?

:高熱が出た経験もありました。とにかく寒くて震えが止まらない。今、思い出してもゾッとします。

人間の体温

一般的に健康な人の体温は『36.5度前後』と言われています。(もちろん個人差があります)

+微熱 37~37.9度
日常生活は出来る。風邪に似た症状

+中等熱 38~38.9度
日常生活の歩行、外出などの活動は何とか出来る
身体がふらつく、頭痛、寒気を感じるなどの症状が現れる

+高熱 39度以上
日常生活が困難



⇒【肝臓ガンに伴う様々な症状】トップページへ




■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ