疲れ(全身倦怠感)

私の経験から、《身体がだるい》、《だるくて仕事がはかどらない》という疲れを感じる体感がありました。

当初は『年齢のせい?!』とおもっていましたが、肝臓ガンが原因でした。

肝臓の機能が低下するにつれ、疲れは増大、全身倦怠感の日々でした。

私はこのように全身倦怠感に襲われましたが、こんな事もありました。

闘病中、同じ治療(抗がん剤)を受ける肝臓ガンの人と同室になりましたが、この方、私とは別人のように元気な患者さんでした。

私と同じ肝臓ガンなのに、こんなにも体調が違うのかと不思議にさえ感じました。

しかし今思えば、ウイルス感染の有無の違いがあったのではないかと思っています。

私はC型肝炎ウイルス感染からの【一連の経緯】から肝臓ガンを発症しました。

【一連の経緯】とは、感染したウイルスを除去しようと、リンパ球などの免疫細胞がウイルスを攻撃、その時肝臓の細胞も一緒に攻撃を受けてしまい、細胞が破壊されることで炎症が起きます。

そんなウイルス攻撃が半年以上続いている状態が『慢性肝炎』といわれます。

『慢性肝炎』が長年続くと、次第に肝臓の細胞の修復が追い付かなくなります。

そうなると、破壊されたままの細胞が多くなり、肝臓が硬く変化して、『肝硬変』となります。

『肝硬変』が進行すると、肝臓の機能(代謝機能・解毒作用・胆汁の生成など)の低下により、疲れ(全身倦怠感)や黄疸など、全身に様々な不調を引き起こすと言われます。


⇒【肝臓ガンに伴う様々な症状】トップページへ




サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ