寒気

肝臓ガンと寒気についてですが、肝臓ガン以外の患者さんの中でも、寒気は多くの方が経験されていると思います。

普通、寒気というと、冬の季節や風呂上がりなどなら分かりますが、肝臓ガン闘病中の私の寒気は『夏』でした。


健康な人であれば、暑い夏でも朝の時間帯でしたら過ごしやすいかと思います。

ですが私には、そんな過ごしやすい時間帯でも異常な寒気を感じ、更には妻に頼んでストーブに火をつけてもらうという、今の私には考えられない経験でした。

寒気は発熱の前兆ともいわれていますが、闘病中、私の体温はいつも38度前後あったので、そう思うと私の寒気もそうだったのかなと思うところもあります。


話しは変わりますが、一般的に健康な人の体温は平均で『36.5度』と言われますが、最近では、それよりも低い低体温症といわれる人も多いようですね。


体温の上昇については、身体の中に風邪(ウイルス)や細菌などが侵入してきた時は、体温を上げてウイルスや細菌などの活動を弱めるための自己防衛と言われます。
このように人間の身体は体温が上昇すると、免疫力が高まるようですが、発熱時には体温を逃がさないように血管を閉じ、体表面の血流を低下させるそうで、それが『寒気の症状』となるようです。


そんな寒気への対策は、部屋を暖める、厚着をする、暖かい飲み物などが良さそうです。


⇒【肝臓ガンに伴う様々な症状】トップページへ





■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら






サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ