ガンと食事

肝臓ガンをはじめ、ガンという病気を患うとこれまでの生き方、生活習慣などを反省する方は多いのではないでしょうか・・・?

私もその一人です。

ガンに良い食事?

ガンに良い食事についての情報も多く見受けられるようになりました。

  • 玄米採食を主とした食事療法
  • 無添加の自然食品を主とした食事療法
  • 無農薬の食品を主とした食事療法
  • 無農薬野菜ジュースを主とした食事療法

などが挙げられます。

また、生活習慣の中でも食生活の重要性が良く提案されています。

  • 適切な摂取カロリー・減塩
  • バランスの良い食事を心掛ける
  • 1日3食きちんと食べる

という事が基本とされているようです。

これらを踏まえて書店では、

『食事でガンが治る』

『ガンが消えていく食事』

『食事で余命数ヶ月のガンが消えた』

などの書籍を時々見かけます。

確かに毎日の食事は大切なことだと思います。

ただ、ガンと食事に関する情報が多いことから、悩まれる方も多いのではないでしょうか?

食事はバランス良く食べる!

『食事はバランス良く食べる!』

私の食事に対する考え方は、闘病中から現在も変わってはいません。

私は延命としての肝臓移植を断り、身体の免疫力を高めて、イチかバチか3ヶ月の余命宣告を受けた末期ガンと闘う決断をしました。

身体の免疫力を高めるためには、出来るだけ『バランス』を考え、『食べられるものは何でも食べる!』事を実践しました。

常にガンと闘える体力(免疫力)を付ける事だけを考え闘病生活を送っていました。

今思えば、今から数十年前、私は食事(栄養素)の重要性について教えて頂いたことがありました。

その時の知識を知らず知らずのうちに実践していたように思います。

そして闘病から約1年8ヶ月後、私の身体から肝臓ガン(腫瘍)が消えました。

克服から再発も無く、13年が過ぎます。(2018年3月現在)

私は、肝臓ガンと食事について、『食事はバランス良く食べる!』ということが大切な事だと思っています。

そんな日々の積み重ねが、健康維持やガン予防などに繋がるのではないかと思っています。

また、ガンと闘う上においても大切なことだと思っています。

私の経験から・・・。



⇒【肝臓ガンに伴う様々な症状】トップページへ




サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ