CRP検査は、身体の炎症や体の組織となる細胞の壊死が起きた時、血液中に増える物質(C反応性たんぱく)と言われます。

CRPの数値ですが、以下のような判定があるようです。

■0.3以下 ⇒ 基準値内
■0.4~0.9 ⇒ 軽い炎症などの可能性のある範囲
■1.0~2.0 ⇒ 中程度の炎症などの可能性のある範囲
■2.0~15.0 ⇒ 中程度以上の炎症などの可能性のある範囲
■15.0~20.0 ⇒ 重大な疾患の可能性のある範囲


そして、CRP(炎症)の判定から疑われる可能性として、

◇悪性腫瘍

◇心筋梗塞

◇膠原病

◇ウイルス性感染症

◇細菌感染症     などが挙げられるようです。


私のCRPの数値は、【2.2(H)】ということは、中程度の炎症ということになります。


CRP値に異常がある場合の多くは、発熱や不快感を伴うと言われますが、私の体調は、『熱がある』、『身体がだるい』などの症状が続いていた事を考えると肝臓ガンが原因だったのか。と改めて思います。


⇒【ガンによる体調異変と血液検査】トップページに戻る





■ご意見・ご相談等ありましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら