肝臓ガン(末期ガン)闘病記の笹野富美夫と申します。


肝臓ガンによる体調異変からガン克服までの闘病記年表



肝臓がん末期の闘病記の笹野富美夫です。




こんにちは。笹野富美夫と申します。

私は2004年(平成16年)3月、肝臓ガンの末期のため、余命3ヶ月の宣告を受けました。
C型肝炎から肝硬変、そして肝臓ガンへと進行して行きました。

全く指針の無い、気持ちも不安定な状況から肝臓ガンの闘病生活が始まり、13度の入退院、その間、妻は4度も医師から『もう無理です。』と宣告を告げられていました。

そんな中、私は妻をはじめとする家族の支え、友人知人の支え、幸運も重なり余命宣告から1年半後、末期だった肝臓ガンの腫瘍が消えてしまいました。

そんな私の肝臓ガン(末期ガン)闘病記を記して行きたいと思います。

肝臓ガンによる体調異変からガン克服までの闘病記年表



肝臓ガン末期にて余命3ヶ月の宣告

私は肝臓ガンの末期で余命3ヶ月の宣告を受けました。
まずはコチラをご覧下さい。

肝臓ガン末期にて余命3ヶ月告知書1 告知書2

↑クリックで拡大します。

肝臓ガンの末期による余命3ヶ月の告知書です。

胆汁を体外に出すためのチューブ


私の肝臓ガンの腫瘍は肝臓の中心部にあったため胆管が圧迫され胆汁の流れを止めてしまいました。

そのため、人工的に胆汁を体外に出す方法として身体の中にチューブを入れそこから直接胆汁を出していました。私の闘病生活の中でこの《チューブ》がとても厄介な存在でした。。。
そしてまた、ここから辛くて長い肝臓ガンとの闘病生活が始まりました。

抗がん剤への不信、そして統合医療

私が肝臓がんを患う約5年ほど前の1999年(平成11年)7月8日、最愛の兄が胃がんの末期でこの世を去りました。
私は残念ながら兄の最期を看取る事が出来ませんでした。

兄が亡くなった後、入院していた病院の院長先生からこんな話がありました。『お兄さんは、余命3ヶ月と言われていましたが余命宣告よりも1ヶ月延びて良かったですね。』と・・・。

院長先生の無責任とも感じるその言葉に、私は思わずこんな事を聞いてみました。

『院長先生、抗がん剤はどの位の確率で効くのですか?』

すると院長先生は、間をおいて少しためらいながら、こうおっしゃいました。

『100人に対して数人ですかね。』と。。。


私は思わず絶句してしまいました。

そんなもの(抗がん剤)に最愛の兄の命を預けていたなんて。。。


私はそれまで、病院で治療してもらえればほとんどの病気は良くなるものだと思っていました。

もちろん『癌』に対しても同じです。


私はこの日を境に『抗がん剤は効かない』と考えるようになりました。

それと共に、健康に関する知識を自分なりに持とうと意識するようにもなりました。そんな私がその約5年後に末期がんの宣告を受けるとは夢にも思っていませんでした。


肝臓がん、それも末期との診断を受け、私の頭の中には【死】と言う文字だけが浮かび、頭の中はしばらく真っ白になりました。


妻はその場で泣き崩れていました。。。

しかしそれからしばらくすると、兄の死があったためか、私はガンに対して理解し、正面から向き合う事が出来るようになりました。

それから生きるために末期ガンとの闘いが始まりました。

闘病中の1枚:肝臓がん末期闘病記

末期がんとの闘いは、家族を含めて生死を分ける道のりであり想像を遥かに超える苦難の連続でした。

肝臓ガン末期を克服して【12年】になります。

私は余命3ヶ月の末期ガン(肝臓ガン)を克服して【12年】になります。(2017年12月現在)

肝臓がん末期で余命3ヶ月の宣告を受けてから数えると【約14年】が経ちます。


浅間山
浅間山です。

私は末期ガン闘病中、病院の窓から良く浅間山を眺めていました。

私の趣味は『山菜狩り』で、シーズンになると良く浅間山に行っています。兄も山菜狩りが好きだったので良く一緒に行っていました。

そんな思い出いっぱいの浅間山を眺める事で気分転換、そして生きるための元気や希望、勇気をもらっていました。

人間の身体は、本当に『不思議』だと思います。

肝臓ガンの末期から生きる方法として唯一残された肝臓移植を断り、(癌に良いとされる)抗がん剤治療を受けずに統合医療の代替療法を中心にして末期の肝臓がんを克服することが出来ました。

最近では、西洋医学の医療機関でもガンの治療のひとつとして、代替療法を取り入れる病院が出始めて来たようですね。

今も元気に生きている様子をお伝えしながら末期ガン患者の一先輩として、同じ病を患っていらっしゃるご本人やそのご家族方に生きる勇気や希望を少しでもお伝え出来たら幸いです。




■私に聞きたい事などありましたら、可能な限りご返答致しますのでこちらへどうぞ!
入力頂いたメールアドレスへ返信させて頂きます。

(内容はブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら





肝臓ガンの再発、そして転移はなぜ起きやすい?!

肝臓ガンは、外科的治療(手術)で腫瘍を取り除いても『また再発してしまった!』、『転移してしまった!』という事を良く聞きますが、何故、肝臓ガンの再発、そして転移は起こりやすいのでしょうか。

再発について

肝臓ガンは、切除手術をしても、再発してしまう確率が高いといわれます。
その理由として一つは、肝臓ガン(塊)を切除手術しても、目に見えない小さなガン(細胞)は取り除けないため、小さなガン細胞が成長する事で、肝臓ガン再発と言われます。
術後5年以内に再発してしまう患者さんは全体の8割にも上ると言われます。
また二つ目として、肝臓内にはいくつもの太い血管が通っているため、癌細胞は肝臓内を移動しやすいという事が挙げられます。
癌細胞は肝臓内の別の組織に付着して、肝臓ガン(塊)になるようです。

その事を考えますと、私の肝臓ガンは多発性進行ガンという診断でした。肝臓には右葉と左葉がありますが、私の場合、右葉に腫瘍が計4個あったことを考えると、ガン細胞は血管を通じて移動していたのではないかと推測されます。太字

転移について

肝臓ガンに限らず、ガンは他の臓器に『転移する』特徴があると言われます。
他の臓器に転移とは、肝臓には肝門脈という血管があり、ガン細胞は門脈から血流に乗って肝臓の外へ出ます。血流に乗って外へ出たガン細胞は、一度、心臓へ送られると言われます。
その後、ガン細胞も血液と一緒に全身へと送り出されます。
その時に、ガン細胞が他の臓器などに付着して転移ガンとして成長していくようです。
ちなみに、肝臓ガンは他の臓器への転移は少ないようですが、進行によっては、血液やリンパ節を介して、肺や骨、副腎、腹膜、脳などに転移すると言われます。

私は肝臓ガン末期の病状でしたが、身体の免疫力を高められたことが幸いしたのか、転移はありませんでした。





サブコンテンツ

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表

現在までの血液検査データ

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記(自費出版)

克服後の日常生活を徒然に・・・

克服後から現在までの私の不定期日記です。
徒然日記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

このページの先頭へ