■闘病記移行のお知らせ
笹野富美夫です。
闘病記ブログは、新しい闘病記ブログに移行させていただきました。
闘病記の内容、データ、写真など、より見やすいように作り直しましたので是非ご覧下さい。
【新】闘病記ブログはこちら



笹野富美夫と申します
笹野富美夫と申します。

私は、2004年(平成16年)3月、末期の肝臓ガンのため、余命3ヶ月の宣告を受けました。
C型肝炎から肝硬変、そして肝臓ガンへと進行して行きました。

全く指針の無い、気持ちも不安定な状況から肝臓ガンの闘病生活が始まり、13度の入退院、その間、妻は4度も医師から『もう無理です。』と宣告を告げられていました。

そんな中、私は妻をはじめとする家族の支え、友人知人の支え、幸運も重なり余命宣告から1年半後、末期だった肝臓ガンの腫瘍が消えてしまいました。

それからお陰様で再発も無く【13年】が過ぎました。(2018年12月現在)

そんな私が、元気に過ごしている様子や日常で気になったことなど、徒然にお伝えしていきたいと思います。

徒然日記更新情報


ガンと食事についての考え方

ガンと食事についての考え方
気になった事

暦は2月になりました。全国各地でインフルエンザ警報が出され、患者さんも過去最多となり、更に、患者さんが増え続けているようですが、皆さんはいかがお過ごしですか?
私はインフルエンザにかかることもなく、お陰さまで元気に過ごしています。
今回は、【ガンと食事についての私なりの考え方】について話しをしたいと思います。


『分子標的薬』という肝臓がんに新たな治療薬

気になった事

先日、肝臓がんについて調べていたら、肝臓がんの治療薬(抗がん剤)として、新たに【分子標的薬】という薬剤が開発されたようです。

肝臓がんの多くは、ウイルス感染が原因の肝臓がん(原発性)と、他の臓器から転移した肝臓がん(転移性)が主といわれ、治療法も異なる事が多いのではないでしょうか。