黄疸のかゆみと私の対処

外科での診察を受けた日から約1週間、
黄疸での全身のかゆみとダルさは最悪の状態でした。

まず、全身の痒み。

黄疸から来るかゆみは、健康な人には分からない、
想像を遥かに超える痒みだったと思います。

私はこの、黄疸からくる痒みの対処方法として、
『トクホンチール』や『ムヒ』を身体全体に塗っていました。。。

自分で手が届かないところは、妻に塗ってもらっていました。

気休めにしかなっていなかったかも知れませんが、
私はこの対処方法で黄疸から来るかゆみをしのいでいました。

今思えば、この時期に私の身体の中では肝臓がん、それも末期の肝臓がんが
牙をむき始めていたのだろうと思います。


 

 

そして入院前日。

子供達が心配して自宅に集まってくれました。

「今まで一生懸命に仕事をして来たんだから、たまには休暇と思ってゆっくり休みなよ。」

と言って励ましてくれました。

私はみんなに少しでも安心して欲しい思いから、

「最悪もし癌でも、K県の病院で治療してもらうから心配しなくて良いよ。」

と話しをしました。


 

当時、仕事の方も中途半端な状態でそちらも不安を抱えていました。

私は自動車のボディペイント、修理を本職として経営しているのですが
当時の私は身体が本当にしんどい状態で
気持ちばかりが焦っているだけでした。

しかし、一度入院してしまったらいつ退院出来るのか全くめどが無く
お客様に大きな迷惑をかけてしまう事になってしまうので
当時預かっていた車は何とか歯を食いしばり、入院前までに納めさせて頂きました。

普通の元気な体だったら2,3日で終わってしまう仕事も
この時は1週間前後もかかってしまいました。

ただこの時、たまたま預かっていた娘の車の修理だけは
どうしても出来ず、残してしまいました。

娘の車は私の身体が回復したら真っ先に修理する約束で
私は入院する事になりました。



サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ