退院の許可・私の体調

緊急入院から10日程たった午前中の回診の時、主治医から退院の許可が出ました。

私は、その頃には食欲が出ていたので1日も早く自宅に戻って
自分なりの食生活をしたかったのでとても嬉しく思いました。


この入院の時、隣のベッドのIさんと仲良くなり良く話しをしていました。

私と主治医の話しが聞こえたのか、
Iさんは私の退院を自分の事のように喜んでくれました。


「Iさん、お互い癌を克服して一緒にみかぼ山に山菜採りに行きましょうね。」


「いつ退院出来るかわからないけど、とにかく癌に負けずに頑張りますよ。」


 

お互い、ガン患者同士、普通の病気とは違い先の事は本当に分かりませんが
趣味の話しになるとその時だけは病気の事を忘れさせてくれました。


入院生活の中でも楽しいひと時でした。


私はIさんはじめ、同室の患者さん達と看護師さん達に挨拶をして病院を出ました。


 

『ご主人はおそらくもう助からない』とまで言われたこの時の緊急入院、
私はまたもや何とか助かってしまいました。

それと同時にこれを乗り越えられた事で身近に感じていた『死』が一歩遠くなったような気がしていました。


 

家に帰り、久々のシャワー。

わき腹のチューブがあるため、
お湯に浸かる事は一番最初の入院からもう出来ませんでしたが
シャワーだけはたまに浴びる事が出来ました。


風呂に入れない以上、やっぱりシャワーは楽しみでした。


風呂場に入り、服を脱ぐ・・・、
痩せ細った自分の身体に驚くと言うか、愕然としてしまいました。


妻ももちろん感じていたのでしょう・・・、
口には出さず、わき腹のチューブのところからお湯が入らないように
黙って処置をしてくれていました。


「俺、だいぶ痩せたなぁ。。。」


「そうね。でも元気になればまた元通りになるよ。」


私もそれ以上その事に関しては触れませんでした。


それはそれとして久々のシャワー、やはりとてもスッキリすることが出来ました。


 

退院後も胆汁の出る量はなかなか安定しませんでした。

通常、500ccの容器がいっぱいになるのに4,5時間位なのですが
多い時はそれがわずか1、2時間の時もありました。


不安な気持ちとは別に
『人間の身体ってこんなにも水分があるものなのだ・・・』と
単純に感心している自分もいました。


『わき腹にバルブでも取り付けられないのかな。。。』とバカな事を考えてもいました。


 

 




 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ