脱水症状の原因は?

胆汁の出る量は多いように感じていましたが
一日中点滴を受けていたためか、私の体調は回復して行きました。


【脱水症状】・・・、初めての経験でした。

時々ニュースなどで脱水症状で亡くなる人がいる事は知っていましたが
実際に自分が脱水症状を経験してみてこんなにも怖くて恐ろしいものなのかと実感しました。


もちろん今後は胆汁の出る量には気を付けて
二度とこんな大変な思いはしたくないと考えていました。


しかし『疑問』も浮かんでいました。。。

『なぜ急に胆汁の出る量が不規則になってしまったのだろうか・・・?
もしかしたらあの、3度も入れられた造影剤の副作用(影響)ではないのだろうか???』


 

またそれとは別にホッとした思いを感じた事もありました。。。

それは、今回のこの急変&脱水症状・・・、
原因が『肝臓がんの悪化(進行)では無かった』と言うことでした。




一日でも早く【口・くち】から食べ物を入れ、体力を回復したい・・・、そう願う日々が続いていました。

この頃の私は『自分は病人なのだから仕方がない。。。』と無理矢理自分に言い聞かせ、
自分に出来る事、『健康食品を忘れずに飲む事』だけを確実に実践して、早目に寝るようにしていました。


 

病院の朝・・・、私の『朝』は4:30から始まりました。

寝る時間が早いため、朝はまだ薄暗い時間から活動していました。


まだ同室の患者さん達が寝ている中、そっとベッドから抜け出し、
点滴台を押して、1階外の喫煙所へと向かいます。

その時間でも喫煙所のベンチには既にいつも数人の患者さんが腰かけていました。


毎朝、新聞配達の人を待っていると言う人もいました。

聞けば、新聞配達の人から毎日直接新聞を買っているとの事で
毎朝の楽しみだと言っていました。

私もその日から新聞を買う事にしました。


朝早く起きて、春を感じながら外のベンチに座り
缶コーヒーを飲みながらタバコを吸い、新聞を読む・・・。

入院中ならではの一日の始まりでした。


『今日も生きている!』と感じる事が出来ました。


 

朝一番の検温の時刻は『6:00』。

私はそれまでに病室に戻りました。


この時刻が本当の病院の一日の始まりでした。



 

 

 




 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ