胆管が『正常』に!

「笹野さん、驚いた事に胆管が正常に戻っています。」

その言葉に一瞬、私の頭は真っ白になりました。。。

「こちらに入ってモニターを見てみますか?」

私は主治医と一緒にモニター室に入りモニターを見させてもらいました。

モニターには様々な血管などが無数に白く映し出されていました。

「これが笹野さんの胆管です。 今まで胆管のこの部分が癌の腫瘍によって塞がれていました。
それが今は太くなって胆汁が流れています。」

主治医がモニターを使いながら説明してくれました。

胆管が塞がっている映像も何度か見させてもらっていたので 私にも胆汁が流れているのがハッキリと確認出来ました。


「笹野さん、結論から言うと胆管は正常に戻っています。」

「でも不思議だ。。。」主治医は看護師さんに小声で言っていました。


「先生、早速なのですが、 胆汁が流れているという事は、このチューブは抜けるのですか?!」

「抜けると思いますよ。」

「良かったですね!笹野さん。」看護師さんも喜んでくれていました。

「このチューブ、出来る事なら一日も早く取ってもらえますか?!」

「分かりました。まずは入院してもらってCT検査をして その結果でキチンと判断しましょう。」

私はその足で入院手続きを済ませました。


検査の後の事はほとんど記憶にありません。

本当に頭の中が真っ白だったのでしょう・・・。

ただ、妻に電話したことは覚えています。

「エッ?! ウソッ?! 本当に良かったね!!!」

その後妻は電話の向こうで泣いていました。

私も妻への感謝の気持ちをはじめ、いろいろなものが込み上げてきて 何も話せなくなっていました。


私はいつもの喫煙所で一服し、はやる気持ちを抑えてから自宅に戻りました。


家に着くと遊びに来ていた子供達も喜んでくれました。

「お父さん!お母さんから話しを聞いたよ!本当に良かったね!」


入院の前日、チューブを取る前に妻にお願いして1枚だけ写真を撮ってもらいました。

これがその時撮ってもらった写真です。(トップページにも載せています)

胆汁を体外に出すためのチューブ  

『これでやっと念願だったチューブを外す事が出来る・・・』


まだ検査もしていないのに、私の心はもう先に飛んでいました。

晴れて本当の意味で『自由の身』になれると思うと 心の底から嬉しさと喜びが湧いてきて抑えるのが大変な程でした。







サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ