胆管検査当日

それから数日後、胆管を検査してもらう日になりました。


胆管の検査も通常の検査と同じで前日の夜9時以降は何も口にする事が出来ません。

余談ですが、私はこの、『何も口にする事が出来ない』と言う事が
何よりも辛く、ストレスが溜まる事のようです。。。

そんな私ですから検査当日はいつも若干の不機嫌です。。。


 

病院に到着後、待合室で主治医を待ちました。

主治医はこの日、入院患者さんの治療を済ませてから来てくれる事になっていました。


しばらく待つと主治医が看護師さんを連れてやって来ました。


「笹野さんお待たせしました。これからレントゲンを始めましょう。」


私はレントゲン室に案内されました。


レントゲン台の上に乗り横になります。


『次は造影剤か・・・。』


以前の失敗が脳裏をよぎり、私は緊張していました。


しかしそれからしばらく経っても誰も来ません。


待つのに疲れて緊張の糸が切れかかった頃、主治医がレントゲン室に入って来ました。


「笹野さん、本当に申し訳なのですが、
レントゲンの調子があまり良くないので、
検査はまた、別の日にしましょう。」


「ええっ?別の日ですか?」


私はガッカリしてレントゲン台から降り、
病院のフロアまで主治医の後から一緒に歩き出しました。


すると看護師さんが
「先生、2階に人間ドッグ専用のレントゲンがありますよね?!
それを借りたらどうでしょうか?」

そう言うと看護師さんはどこかに聞きに行ってくれました。


 

しばらくして看護師さんが戻って来ました。

「先生、今なら使用しても良いと言ってくれています。」


こうして私の検査は急きょ、2階でやる事になりました。

2階は人間ドッグ専用のようで、
まるでホテルのような雰囲気で、同じ病院とは思えないくらい違っていました。


私はレントゲン室に案内されレントゲン台に乗りました。

気になる造影剤も早々に入れてもらい検査が始まりました。


主治医は別室でモニター画像を見に行きました。


 

「ウワッ?!」


何やら主治医が驚いた様子の大きな声を出しているのが聞こえました。


その後、またモニターを観ながら何やら看護師さんと話しをしています。


さすがにレントゲン台からでは話しの内容までは判りませんので
私は何がどうなっているのか分からず、
とにかく頭の中でいろいろな事が駆け巡っていました。


 

しばらくして主治医が私のところに来ました。


「笹野さん、驚いた事に胆管が正常に戻っています。」


 

一瞬、私の頭は真っ白になりました。。。



 

 





 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ