胆管がん?チューブが2本の患者さんに会う

ある日の事でした。

私はエレベーターに乗ろうと点滴台を押して歩いていました。


エレベーターの前のイスに後ろ向きに片足のひざを乗せ、
外を眺めている中年女性の患者さんがふと目に留まった事がありました。


その方は何処となく寂しそうに見えました。


わき腹からは私と同じように胆汁を出すチューブが出ていました。

しかも『2本』出ていました。


私は長い入退院生活の中でもチューブを2本出している患者さんは初めてでした。


胆汁の色も私とは違っていました。


私のはビールのような色でしたが、
その方は黒に近い緑色の胆汁でした。


 

私は特に声をかける事も出来ず
『余程大変な病気なのかな。。。』 そう思いながらエレベーターに乗りました。


私は妻が見舞いに来てくれた際に、その患者さんの事を聞いてみました。


元看護師でもある妻は
「もしかしたら『胆管がん』の患者さんかも知れないね。」との事でした。


私は一言に『癌』と言っても、いろいろな種類の『癌』があるものだと思いました。


 

その方とはこの一時だけお会いしただけで
その後もお会いする事はありませんでしたが、
何故かとても心に残っている出来事なのでこのブログに掲載させて頂きました。。。



 

 





 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ