自分で初めて胆汁処置を行う

2005年(平成17年)2月下旬、
胆汁の出は決して安定はしていませんでしたが、脱水症状にはる程までには悪化しませんでした。


そんなある日、病院での点滴を終え、家で休んでいると
またもや胆汁の出がいきなり止まってしまいました。


『ちょっと自分でやってみるかな。。。』


私は主治医から処置の処置方法を教えてもらっていたので
この時初めて、自分で処置をしてみようと考えました。


 

私は妻と二人で処置の手順を確認しあいました。

私はこの処置で一度大きな副作用を経験していたので
とても緊張していました。


 

まずは注入口を消毒。その後、生食水を注射器に移して注入しました。


『ウッ・・・。』息が止まりました。。。

肝臓に直接、液が入ったのを感じたからです。


注入し終わると今度は注射器を少しずつ引き戻しました。


引き戻すにつれ、注射器の中に
胆汁と白いカスのようなものが混じって出て来ました。


最後にチューブに付いているレバーを逆に戻し、
一気に容器の中へ押し戻します。

 

2人で容器を覗き込みました・・・。

「あ!流れた!流れたよ!お父さん!!」


 

私はホッとした気持ちと共に本当に恐怖感のようなものを感じていて
とても疲労感がありました。


「お父さん、これでその都度病院に行かなくても済むね!」妻は喜んでくれました。



 

 





 

 

 

 

 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ