人は死の直前体調が良くなる…

突然の嬉しい退院の翌日、とても不安になる事が起こりました。

胆汁の出る量が今までとは違い、とても不安定になってしまいました。


わき腹のチューブを入れてから
こんなに不安定になった事は無かったのでとても不安でした。


胆汁の出が急に増えました。

500ccの容器がいっぱいになるのに数時間かかっていたものが
この日はわずか1時間ほどでいっぱいになってしまったのです。


しばらくするとその勢いが急激に弱まり、今度はいつもより出が悪くなったりしていました。


その日の夜は、容器からあふれても良いように、
更に大きな容器を置いておきましたが、私は不安で不安で眠れませんでした。


 

その翌日、もちろん寝不足もあったのでしょうが、
その日は朝から身体の調子があまり良くありませんでした。

ベッドから起き上がるのも面倒に感じるほど、身体がだるく感じていました。


 

朝食の時間、もう用意が終わっているようでしたが私は妻にあまり食欲が無い旨伝えました。


「何を言っているの!
今がとても大切な時期なんだから少しでも食べないと良くならないよ!」


強い口調で妻は私に言いました。


 

妻の気持ちはとても分かるし、嬉しく感じていたのですが
その日ばかりは『食事』と言う行為がとても大変に感じました。


 

しかし、私は自分に言い聞かせ、
『生きるために』頑張ってゆっくりでしたが何とか完食しました。


 

妻も昨夜の私の胆汁の出を心配していました。

「いつもと同じ時間に胆汁の容器を見に行ったら昨夜はもう溢れていたの・・・。
今までそんな事なかったのに、おかしいよね。
今日もお父さん、調子悪いみたいだし。」


「うん・・・、胆汁のせいで体調が良くないのかな。。。」




私は胃がんの末期で亡くなってしまった実兄の事を思い出して
とても不安になり、弱気に悪い事ばかり考えてしまいました。


私の兄が胃がんの末期で入院していた時、
先生からは病院の治療をしても余命3ヶ月と言われていました。


私は、何か兄の末期がんに良いものは無いかと
友人、知人のつてなどをたどり、あるものを見つけて兄に飲ませました。


 

飲ませたもの『効果』はほとんど感じられませんでしたが
1度だけ、『もしかしたら良くなっているのか?!』と希望を持った時がありました。


親戚の方が兄のお見舞いに来てくれた時の事でした。

当時、兄には【胃がん】、しかも【末期】と言う事は告げずにいました。

しかし、兄は心の中では自分の病が分かっているようにも感じていました。


そんな兄がお見舞いに来てた親戚の方々に言いました。

「ここ数日、本当に身体の調子が良くなって来たんですよ。
自分の命はもうあまり長くはないのかと一時は諦めていたけれど
今はこのまま病気が良くなって退院出来るのでは?!と思っているんです。」と。。。


 

そんな話しをしていた矢先、兄の容態は急変し、帰らぬ人となってしまいました。


亡くなる直前、人は一時的に体調が回復する事があると聞いた事があります。

 

『私も兄と同じように一時的に良くなって急変して死んでしまうのだろうか・・・。』

 

そんな事を考えて、一人不安に駆られ、弱気になり落ち込んでいました。




妻が心配して様子を見に来てくれました。


「そろそろ健康食品を飲む時間よ。」


妻はどんな時も、私を応援してくれている・・・、
私も頑張らなくてはと、頑張って飲みました。


しかし、決して『美味しい』とは言えないその健康食品、
体調が悪い時には更に辛い飲み物でした。。。


 

妻は良く分かってくれていたのでしょう、
私が辛そうに飲んでいるのを見て
「口直しに」と私の好物を持ってきてくれました。


 

一口飲んで好物を食べる・・・、そんな飲み方で乗り越えました。



 

 




 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ