胆汁が何度も止まる初めての経験

10月下旬のある朝、私は朝起きていつものように胆汁の容器を見ました。

『エッ?!』

胆汁の流れが完全に止まってしまっていたのです。

私は唖然としてしまいました。
私は早速妻に病院まで送ってもらいました。

病院に到着すると早速点滴室に案内され点滴を受けました。

この日は偶然にも私の主治医が外来担当の日だったので
しばらくすると主治医が私の様子を見に来てくれました。

主治医は注射器に生食水(生理食塩水)を入れてわき腹のチューブから注入しました。

この時、声を出してしまうほどの刺激がありました。

直接肝臓に入っていっているせいなのでしょうか。。。
すると今度は逆にそのまま注射器で引きました。

注射器の中に戻ってきた生食水(生理食塩水)は
胆汁に混じって白いカスのようなものも出て来ました。

注射器をチューブから抜くと胆汁が流れ始めました。
主治医はそれを確かめると外来の診察室へ足早に戻って行きました。

 

私はそのまま、スポーツドリンクなども飲みながら点滴を受けていました。

しばらくすると眠気が襲ってきたようで、私はいつの間にか寝てしまっていました。

ふと我に返り目を覚ますと私は真っ先に胆汁の容器に目をやりました。

容器の中の胆汁は増えていないようでした。

時計を確認すると、私がウトウトして30分は経過しているようでした。

30分経って量が増えていないのはおかしいと
チューブを確認すると、何とまた胆汁が止まっているではないですか。。。

私はとても不安になりました。

処置をしてもらってすぐにまた止まってしまうと言う事は今までに無い事だったからです。

『もしかしてまた、チューブの交換をしなければならないのか・・・。』

 

何はともあれ、私はすぐナースコールボタンを押して看護師さんを呼びました。

外科の看護師さんが、主治医と同じ処置をしてくれました。

またもや声が出てしまいそうな刺激を感じましたが
胆汁はまた、流れ始めました。

しかし今度は出が良すぎるようで、
明らかに点滴で入れている量よりも出ている量の方が多くなってしまいました。

しばらくすると、主治医が様子を見に来てくれました。

『笹野さん、脱水症状になると大変ですから
今日は点滴を1本増やして3本にしましょう。』

1本当たり約2時間かかるので、予定より約2時間遅くなってしまう事になりますが
そんな事は言っていられないと自分に言い聞かせ、点滴を受けていました。

その間、考える事と言えば、『食べる事』ばかり。

『腹が減った。何か食べたい。。。』

何故だかそんな事ばかり考えていたことを覚えています。

 

ふと、容器に目をやると、またまた止まってしまっていました。

看護師さんをすぐに呼び、状況を話すと、
看護師さんはすぐに主治医に支持を仰ぎに行ってくれました。

しかし主治医はすぐには手が離せないとの事で、別の外科の先生が来てくれました。

先生は同じ処置をしました。胆汁はまた流れ始めました。

 

あっという間に点滴も3本目が終わりに近づいてきていました。

外来ももうすぐ終わりの時間でした。

 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ