肝臓移植のための入院を断る

2004年(平成16年)4月9日

この日は肝臓移植のための入院の案内の電話が大学病院から来る予定の日でした。


この時、私はまずは肝臓移植のための入院を断る決心をしていました。

体調的には良くも悪くもない状態でした。

と言う事は、前述した通り、悪い状態が進行していないと言う事で
それは癌の進行にブレーキがかかり始めていると考えられる・・・そう思っていました。




今日は大学病院から電話がかかってくる日だな。
電話が来たらオレ、肝臓移植を断ろうと思っているんだけど。


食事の支度をしている妻に声をかけました。


「本気で言ってるの?!
もう入院や他の手続きも済ませてあるのに今更無理だよ。」


それまでも何度か肝臓移植を断る事について妻には話していましたが
まさか本気だとは思っていなかったのかも知れません、
本気で話している私に妻は困惑気味でした。




・・・とそんな時、いきなり電話が鳴りました。

私達は会話が止まり、顔を見合わせました。

 

私は一呼吸おいて電話をとりました。

やはり電話は大学病院からで、入院の案内の件でした。


 

電話先は大学病院の事務の方のようでした。

入院へ向けての説明をしていました。


私は途中、その方の話しをさえぎるように言い始めました。


 

あの、申し訳ありませんが、肝臓移植は止めようと思います。


「そ、そんな大事な事、私に言われても困ります。
一度、大学病院の方へ来て頂いて、先生と直接お話しをして頂けますか?」


「はい・・、分かりました。」


「ただ、先生は今週は病院にお見えにならない予定になっております。
一週間後が先生の診察日になりますので、その日に来て頂けますか?」


「分かりました。一週間後に伺います。」


「お身体の方は大丈夫ですか?大学病院まで来られますか?」


「ありがとうございます。行けますから大丈夫ですよ。」


 

その方は困惑されながらも私の身体を気遣ってくれ、
私も丁寧に話しをし、電話を切りました。




電話を切った後、やり取りを聞いていた妻はため息をついていました。


「お父さん、これから先、どうするつもりなの?
もし具合でも悪くなったら、もう治療をしてくれる病院が無いよ。」


「とにかく肝臓移植は断って、お母さんの食事とこの健康食品でやってみるよ。
もしそれでダメだったとしてももう、それはそれで良いから。」


うる覚えですが、こんなやり取りをしていたのだと思います。




妻、子供達に申し訳無い気持ちはもちろん強くありました。

みんなで探してきてくれた私を生かすための唯一の方法、
唯一の手段である肝臓移植、
肝臓移植を受けるため入院まで予約しておきながら
突然、私の一存で断ってしまったのだから。。。


 

ただ、私には考えに考え抜いた結果、これが『家族全体の最善策』と決心しました。


 

妻はしばらく無言で落胆していました。

私はかける言葉が見つかりませんでした。




『とにかく癌にブレーキがかかっていますように。』

戻る病院が無くなってしまった以上、私はここに賭けるしかありませんでした。



 

 




 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ