肝臓移植 妻が肝臓提供を申し出るが・・・

直接抗がん剤を注入するための器具を挿入する手術を受けてから1週間近くが経っていました。

しかし抗がん剤治療はなかなか始まりませんでした。

私はK県の病院と出来る限り同じ肝臓がん治療にしようと
そのサプリメント(健康食品)を飲み自分なりに抗がん剤治療の準備をしていました。


そんなある日の夕方、妻や子供達が揃ってお見舞いに来てくれました。

皆が揃って来てくれる事はとても珍しい事だったので
私は何か不思議に思い、「今日はみんな揃ってどうしたんだ?!」と聞いてみました。

ふと気付くと、逆にいつも来てくれる孫達の姿もありません。

「あれ?今日は孫達はいないのか?」

そんな私を見て妻は唐突に言いました。

「お父さん、主治医の先生から話しがあるから行こう。」と。。。

私はもちろん皆がいつもの雰囲気では無いことは十分に感じていました。

この時は、察しがつかず、恐怖のような不安のような気持ちすら感じていました。

私は妻の言う通り、家族と一緒に主治医のところに向かいました。


主治医のところに行くと、主治医は話し始めました。

「笹野さん実はですね・・・、ご家族の方から肝臓移植の申し出がありましたので
今日はそのお話しをさせて頂こうと思います。

「エッ・・・? 肝臓移植ですか???」

「そうです。肝臓移植です。」

主治医はそう言うと、しばらくの間肝臓移植について説明してくれ、
「私は肝臓移植の専門ではありませんので、大学病院を紹介します。
そちらで更に詳しい説明を受けて下さい。」
と言いました。


私は全く予想していなかった事だったのでとても戸惑ってしまいました。

まさか、肝臓移植とは・・・。

私はそれまで抗がん剤治療ばかりを考えていたし、先生もそう話していたので
抗がん剤治療の準備をしていました。

それがいきなり大手術、肝臓移植だなんて、ビックリしかありませんでした。


しかし、一口に肝臓移植と言っても、肝臓の提供者など、そう簡単には見つからないのではないか。

それに仮に運良く肝臓の提供者が見つかったとしても、私と合う(適合)かどうかも分からないと思う。


私は私なりに疑問や不安ばかりが湧き上がって来ていました。


そんな時でした。

妻がいきなり主治医の先生に言いました。

「先生、私の肝臓を使って下さい!」と。。。


私はそれこそ本当にビックリしました。

・・・とそれと同時に『そんな事させる訳には絶対に行かない。』と考え、

「先生、申し訳ありませんが、肝臓移植は全く考えていません。」と言い切りました。



 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ