肝臓の検査を受ける

私の顔が黄色い事で、元看護師でもある妻から『お父さん、肝臓が悪いんじゃない?』
と言われ、私は不安になり自宅近くの病院で肝臓の検査を受けてみる事にしました。

結果は数日後に解るとの事で私は、検査後もいつもの通り仕事をしていました。

当時、多少なりとも不安は感じていたものの、
特別気にしていると言う程の心配はしていませんでした。


 

そして数日後、肝機能検査の結果を聞きに病院へ。

先生からこんな言葉が・・・。

『紹介状を書くので大きな病院で診てもらって下さい。』と。。。

紹介状をもらって大きな病院へ行くと言う事は、オレの肝臓、
結構悪いのかな・・・。

『【GOT】と【GPT】の数値が異常に高いです。』

先生が付け加えるように言った言葉も、
当時の私には何の事だかさっぱり分かりませんでした。


それはともかく、私は早速翌日、頂いた紹介状を持って大きな病院へ行きました。

私は兄が胃がんの末期で入院していた時くらいしか、
大きな病院へ行ったことが無く、
病院へ到着後、まずはどこへ行ったらいいのかも分からず
あたりをウロウロしていました。

総合受付で聞いてみたところ、『内科で受診して下さい。』との事でしたので、その指示に従いました。

しばらく待つと名前を呼ばれ、診察室へ。

先生から『エコーの検査をしましょう。』と言われ、エコーの検査の予約をしました。

検査は2週間後と言う事でした。



先生の話しから、血液検査の結果は
GOT:正常値7~38  ⇒  【284】
GPT:正常値4~44  ⇒  【259】

と、確かに異常に高い数値でした。



 

妻が心配していた通り、やはり私の身体は『肝臓』が悪かった事がこの時、判明しました。


エコー検査が2週間後と言うのは、
検査を受ける人が多く順番的にその位になってしまうのか、
もしくはそれなりの期間的な準備が必要なのか、
ちょっと遅い気もしていました。






 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ