肝臓に心地良さを感じる

健康食品を飲み始めて3日目の4月1日。

私は自宅では時々ベランダに出て、外の景色を眺めて気分転換をしていました。


私の家から見える浅間山や赤城山、榛名山など、
キノコ狩りが趣味な私にとってそんな山々を眺める事は
肝臓がんに対する不安を少しでも忘れさせてくれる気がしました。


『もう二度とあの山々に行く事は出来ないのだろうか・・・。』

『いや、また元気になって絶対行ってやる!』

 

心の中ではいつもそんな葛藤があり、揺れ動いていました。



部屋に入ると妻が
「そろそろ健康食品を飲む時間だよ。」と私に言いました。

飲み始めるといつも妻が隣りで見守ってくれていました。


 

私は『コレを飲めばきっと肝臓がんが良くなる!』と
ひたすら信じながら、願をかけながら飲んでいました。


 

この日の夜の事です。


寝る準備をして、妻に胆汁の処理をお願いして私は床に就きました。


眠りについてからどれ位経った頃だったででしょうか・・・、
肝臓のあたりで《何か》を感じました。


最初は気のせいかと思いましたがやはり《何か》を感じました。


 

言葉では何と表現して良いのか分かりませんが
とにかく心地の良い感触でした。


今まで経験した事が無いような感触で
私は『どうしたのだろうか・・・。』と少し戸惑いました。


 

しかし、その時感じた心地良い感触は、
何か肝臓に良い気がしてなりませんでした。


・・・と言う事は飲み始めた健康食品のおかげなのか。。。




私はこの時、何の根拠も無く勝手な直感かも知れませんが

『コレ(健康食品)に自分の命を賭けてみよう』


そう思いました。




 

 




サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ