肝臓がんの宣告を受け『死』を思う

2004年(平成16年)3月3日、私はやっと入院することが出来ました。

入院して一息ついたのも束の間、
この日はCT検査の結果を聞く日でもありました。

私は内心不安で不安で仕方がありませんでした。


『癌でなければ良いんだが・・・。』
私も妻も同じ気持ちでした。

入院診療計画書

その時の入院診療計画書

 

黄疸から来るかゆみは本当にかゆくて仕方がありませんでした。

『トクホンチール』と『ムヒ』を毎日身体に塗りたぐっていました。


また、入院する数日前から原因不明の下痢・腹痛が続いていました。

これもまた、理由が分からないため、不安でした。





入院初日の夕方6時位だったと思います。

担当の先生からCT検査の結果の説明があるとの事でした。

私は不安で不安で仕方がありませんでしたが、
覚悟を決め、妻と共に先生が待つ部屋へと向かいました。


 

部屋に入ると先生はCT検査の説明をするため準備を始めました。

CT画像を見るための台に電気のスイッチを入れ、
その台に私のCT画像をバシッとはめました。


 

『どうか癌ではありませんように・・・。』


 

私は心の中で必死に祈っていました。


しかし、先生から出た言葉は全ての希望を奪い去るものでした。


 

「笹野さん、検査の結果ですが・・・、肝臓がんです。」と。。。



その瞬間、私の頭の中は真っ白になり、
『死』と言う文字だけが頭の中を駆け巡っていました。


 

『私は死んでしまうのだろうか・・・、ガン=死では。。。』


この時、他にも様々な気持ちを感じましたが
何と表現して良いのか解りません。
これは癌と告知された本人しか分からない気持ちだと思います。



 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ