総回診・ソウカイシン?・総回診察

ある朝の事です。

いつものように私は朝食時間中、喫煙所で時間を潰していました。


そして、時間を見計らって病室に戻りました。
すると看護師さんが来て私に言いました。


「笹野さん、今日は総回診察がありますので午前中は必ず病室に居て下さいね。」


 

『ソウカイシンサツ・・・?』


私は初めて聞く言葉に看護師さんに聞いてみました。


「ソウカイシンサツって何ですか?」


「総回診察とは、外科の部長先生を始め、担当の先生が集まって来ますので驚かないで下さいね。総回診・ソウカイシンとか言いますがテレビ等でも時々使われていますよ。」


 

私はその、総回診察・総回診は、今まで入院していた病棟では無かったことなので初めての言葉であり、初めての経験でした。


 

そう言えば、胃癌の末期で兄が入院していた頃、兄が言っていた事を思い出しました。

「総回診察・総回診って、ドラマで観た【白い巨塔】の通りだったよ。
大勢の先生がゾロゾロ入ってきて、ホント、ドラマの中に居るようだったよ。」と。。。


 

そしてその総回診察・総回診の時間になり、先生方が病室にやって来ました。

外科担当の部長先生を先頭に、先生方や看護師さん達が入って来ました。

もちろんその中に私の主治医も居ました。


入って来るなり、ひとりひとりのベッド前で担当の先生が
治療法や治療結果などを部長先生に話していました。


 

隣りのベッドの患者さんが終わり、私の番になりました。

私の主治医は専門用語を交えながら部長先生方に説明していました。

病名の事や私の受けていた治療法、健康食品の話しなどもしていました。


ちなみに、この時の総回診察・総回診で先頭を歩いていた部長先生は、
私がバルーン手術を相談しに行った時の先生でした。

この部長先生・・・、
私の主治医の説明が終わると他の先生方や看護師さん達の前で言いました。


「笹野さん、癌と言う病気は抗がん剤を使用しなければ絶対に治らないですよ。」と。。。


そうキッパリと言い切って病室を出て行きました。


 

このブログのトップページでもお伝えしましたが、
私は兄が胃がんの末期で亡くなった時、
その病院の院長先生に訊ねた事がありました。


「先生、抗がん剤と言うのはどの位の確率で効くのですか?」


「100人に対して数人ですかね。。。」


 

・・・と言う事は10%にも満たないわずか【数%】と言う事になります。


 

私は総回診察・総回診が終わって先生が出ていった後、

『いまこうやって生きていられるのは【気をつけた食事】と【健康食品】のおかげなんだ。』

と心の中で呟いていました。

人の弱みにつけ込んだような部長先生の言葉に悔しさがありました。


 

そんな総回診察・総回診が終わり、妻が病院に来てくれる時間が近づいてきたので私は、一服を兼ねて1階の喫煙所に行きました。

そこで首に変な刺青のようなものをしている患者さんに出会いました。

その後妻が来て、世間話の時にそんな話しをしました。

元看護師でもある妻は言いました。

「それはたぶん刺青じゃないと思うよ。
きっとその方は放射線の治療を受けている患者さんだよ。」


病院の廊下を歩いていたり、喫煙所に行ったりすると、
このように今まで見たこともないような治療をされている方を少なからず見かけます。

医療技術の凄さと共に、様々な病気がある事を
改めて考えさせられる日々でした。


 

それはそうとこの頃、『断食生活』が続いていたため、身体もだいぶ痩せ細ってしまっていました。


毎日お腹が減り、食べる事ばかり考えていました。



 

 




 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ