点滴終了、5人目の孫が産まれる

2005年(平成17年)9月、胆汁はもう2ヶ月前後安定していました。


味覚の変化で甘いものが好きになったせいもあったのかも知れませんが
体重もこの時期『55キロ』と確実に増えて行きました。


骨と皮だけだった私の身体も、『元気』に見える身体に変わって行きました。


それは私だけでなく、家族も感じていました。


また、点滴も安定している事から、
1日おきから2日おきに更に長くしてみたりしました。


それでも、脱水症状になるような事は無く、逆に胆汁の出る量は減り続けて行きました。


 

そして9月27日、
点滴を受けるのはこの日が最後となりました。

それ以降、点滴を受ける事はありませんでした。


 

そして同時期、もう一つとても嬉しい事がありました。

末娘の出産予定日が近づいていました。


私は今となって正直に言うと、
末娘の子は見る事が出来ないかも知れないと思う事が何度もありました。


なのでとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。


産まれてくる子供は女の子と判っていました。


 

私がまだかまだかとウキウキしながら待っている時、
妻から出産の連絡がありました。


私は15分ほど離れた娘が入院している産婦人科へ早速行きました。


そして5人目となる孫との初対面・・・、本当に嬉しく、また、
とても可愛かった事を良く覚えています。


私は脱水症状で入院していたため、
末娘の結婚式は出席出来ませんでした。

その事はいつも頭から離れませんでした。


『お父さんとお母さんの結婚式には、じいちゃん病気で出られなかったけど
その分、お前とはいっぱい遊ぼうな。いろいろ連れて行ってやるからな。』


私はそんな気持ちで孫の顔を見ていました。。。



 

 





 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ