正月明け、また入院生活に戻る

自宅で過ごした楽しい正月はあっという間に終わり、
私はまた病院へ戻り、入院生活が始まりました。


 

『入院生活』では、特に治療のようなものは無く、
毎日毎日決められた本数の点滴を受け続けていました。


「毎日毎日こんなに血管から注射をして、血が薄くなったりしないのかなぁ。。。」


妻に言ったら苦笑いされましたが、そんな事を思う程、
毎日毎日点滴を受け続けていました。


 

そんな点滴も胆汁の安定に伴い、
1日4本から3本、そして2本と減って行きました。

点滴の本数は胆汁の出る量によって毎日、主治医から看護師さんに指示が出されていました。


1日2本がしばらく続くと、退院の目安になるのですが
なかなか安定して『1日2本』が続きませんでした。


 

ある日、ベッドのまま私のいた病室に移されてきた患者さんがいました。

その患者さんは以前にも同じ病室になった事がある方でした。


この方の奥さんは1日中寝泊りをしながら付き添いをしていました。

夕方近くになると一旦家に戻り、
自宅の夕食の支度を済ませてからまた病院に戻ってきていました。


また、朝は朝で私と同じくらい(4時ごろ)に起き、
朝食を作るために迎えに来る息子さんの車を待っていました。


その方は車の運転が出来ないらしく、
バスを利用したり迎えに来てもらったりしながら続けていました、


 

この奥さんの『生活』に私は感心しましたが、
それと同時にやはり、家族の誰かが病気になって入院をしてしまうと
その家族の生活は一変してしまう事を
改めて考えさせられたりもしました。

もちろん我が家も例外ではありません。本当に大変な事だと思います。


 

ある朝、私はいつものように早起きして
外で一服しながら新聞配達の人を待っていました。


しかしその日は特に寒かったので病院内のロビーの椅子に座って待っていました。

その奥さんもロビーで息子さんの車を待っていました。


「ご主人の具合はどうですか?」


「先生からこの正月持つかどうかと言われていたのですけれど
外泊許可をもらって新築の家で過ごせたから本当に良かったです。」


見た目には元気そうにも見えましたが、病状はかなり悪かったようでした。


その後すぐ、その方は個室に移され、
そう期間が過ぎない内に名札が外されていました。


 

年明け早々の悲しい出来事でした。。。



 

 





 

 

 

 

 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ