本物の『自由の身』に、ガンに勝った!

チューブの接合部分を外してから2日経ちました。

私の体調は特に変化が無く過ごす事が出来ました。


何となく焦っているような、
早くチューブを外してほしいと言う気持ちが強かったのでしょう・・・、
私はしょっちゅう喫煙所に行ってはタバコをふかしていました。


今思い出してもこの時の事はあまり覚えていません。


 

2日経った午前の回診時、主治医が看護師さんを連れて病室に来ました。


「熱も出ない様で、体調も良さそうですね。
これから大元のチューブを抜きましょう。」


 

私にとって『待ちに待った』言葉でした。


私はこれからどこか別の部屋に移動して抜くのだと思い、
早速ベッドから降りようとしました。


「笹野さん、ここで抜きますからベッドに横になって下さい。」


「エッ?!ここで抜くのですか?」


「そう。。。」


実にアッサリとした返答でした。


私は主治医の言う通りベッドの上で横になりました。


すると私の身体の中に入っていた大元のチューブは主治医の手によって
あっという間に抜けてしまいました。


『ああ~っ・・・。』  何とも言えない開放されたような気持ちになりました。


1年8ヶ月もの間、このチューブには本当に悩まされて来たので
『最後』があまりにもあっさりしていてあっけない感じさえ覚えました。


「笹野さん、本当に良かったですね。」 主治医と看護師さんが言ってくれました。


「ありがとうございました。」

 

今まで胆管を塞いでいた癌の腫瘍が小さくなって胆管が正常に戻り
チューブを抜く事など以前主治医が言っていたように
『医学界に於いて例が無い』ことなのかも知れない。。。


とにかく私は『ガンに勝った!』  その事がとても嬉しく思いました。



 

 





 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ