末期癌の現実と治療について

末期がんの怖さをまざまざと見せつけられた事がありました。

いつもの喫煙所に良くタバコを吸いに来ていた年配の女性がいました。

前回の入院の時は普通に元気で良く笑っている印象の方でした。

ところが、今回の入院の時、偶然この女性と廊下で会う事がありました。

女性は、もうひとりで歩く事は困難になってしまったのでしょうか、
車いすに乗せられ、看護師さんに付き添われていました。

ほんの数週間前、一緒にタバコを吸って笑って話しをしていた時とは
まるで別人のようでした。

廊下ですれ違った時、目が合いましたが、その目はどことなく寂しそうでした。

 

私はこの女性と会った後、以前入院をしていた時に
同じ病室で良く話しをしていたAさんの事を思い出しました。

『そういえばAさん、どうしているのかな?!ちょっと挨拶して行こう。』

私は自分の病室へ戻る途中、病棟の名札を見ながら、Aさんの名札を見つけました。

私はAさんの病室を見つけ、中に入りました。

そこには苦しそうに身体を『くの字』にしてベッドに横たわっているAさんの姿がありました。

 

私はビックリして何も話すことが出来ず病室を出てきてしまいました。

Aさんの病名はやはりでした。

私とは場所が違いましたが、処置方法は私と同じで
わき腹からチューブで胆汁を出していました。

『前に入院していた時は私よりも元気だったのに。。。』

私は末期がんと言う病気の恐ろしさをまざまざと見せつけられてしまいました。

また私自身、調子が良くなってきたと言っても末期癌患者です。

いつどうなるのか、急変があるのか・・・、
自分自身の心が一気に不安でいっぱいになってしまいました。

それから数日後、Aさんは個室に移され、しばらくするとAさんの名札が外されていました。。。

 

私のように入退院を何度も繰り返していると本当にいろいろな事がありました。

その中で感じた事、
それは、兄が胃がんの末期で治療を受けていた数年前と何も変わっていないと言う事でした。

世の中の医療は進歩しているのかも知れませんが
【末期癌】の治療に限っては抗がん剤の治療では無意味なのかも知れないと感じました。

事実、抗がん剤の治療を受ける事によって、かえって副作用が大きく
患者さん本人もそのご家族も戸惑う姿を病室で何度も見て来ました。

今でもこの世を去った多くのガン患者さん達の事を覚えています。

時々、ひとりひとりの思い出が甦って来たりする事があります。

 

【健康な人には病気の人の心は解らない。】

 

この言葉は一人の方との出会いの中で聞かされた言葉です。

余命3ヶ月の末期がんを経験した者として私も同感出来ます。

言葉の重みを感じました。。。

 

 

 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ