末期がんの治療は何も変わっていない?

私はある日、胃がんの末期で亡くなった私の実兄と
自分の闘病生活について比べて考えた事がありました。


私の兄は胃がんの末期で余命3ヶ月と宣告されました。

私がその宣告を主治医から受けました。

しかし、兄にはその状況を知らせる事はありませんでした。


私はどうしても兄を助けたくて、
病院の治療とは別に癌に良いとされる健康食品を探して飲んでもらったり、
兄の主治医にはどうにかして兄を助けてほしいと
何度も頭を下げ、頼みに行きました。


しかし主治医はきまって机の上の棚にある医学書のような本を
手に取りペラペラとページをめくる仕草をしながら
「残念ですがお兄さんに出来る治療法はもう何も無いのです。」
と言う言葉だけが返って来ました。


 

私は今でも思います。

医学は様々な形で目覚ましく進歩していると思いますが
【ガン】の病気、更に言うと私のような【末期がん】の患者さんに対しては
何も変わっていないのでは?! と。。。


 

また、もう一つ思う事があります。

私が闘病中、同じ病を患っている患者さんやそのご家族と知り合いになり、
話しをしていたりして良く思いました。


『ガン・癌と言う病に対してあまりにも知識が無いのでは』と言う事です。


私自身、医療従事者ではありませんので、知識豊富な訳ではありませんが、
自分、もしくは家族が大きな病を患った場合、病院まかせではなく、
その病に対して少しでも多くの知識を得て、少しでも役に立てればと
考えるのではと思います。


中には『この方は癌と言う病気をいったいどのように思っているのだろう。。。』
と感じる方もいらっしゃいました。


やはり、ガンと言ってもそれなりの病院に入院して治療さえしてもらえれば
改善されていくのではと考えている方が少なからずいらっしゃいました。


 

抗がん剤治療ひとつを取っても同じことが言えます・・・。

このブログにも書きましたが
抗がん剤治療の現実は効果が現れる人は数%とも言われていますし
実際、私は先生からそう聞きました。

抗がん剤治療を受ける際にはあらかじめ、
副作用など詳しい説明を受けているはずなのに
『副作用が出た』とか、『病状の改善が見られない』などと言って
先生に対して不平不満を言っている方も良く見ました。


 

私は実兄だけでなく、父親も癌で亡くしています。

良く言う【ガン家系】だと思います。

そのせいもあってか、私は癌と言う病気は
『生きるか死ぬか』、生死を賭ける闘いだと思っています。


私は胃がんによる兄の死をキッカケに
自分自身がもしそうなった時の事を考え、
暇を見つけては本や雑誌を読んだりして自分なりに知識を増やしていきました。


このブログでも時々書かせてもらっていますが、
病院や先生に頼りっきり・任せっきりになるのではなく、
指示を頂いたり、相談したりしながら
自分の命は自分で守って行くと言う考えを持つことがとても大切なのではと考えています。


少々生意気な言い方かも知れませんが、私の考えです。



 





 

 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ