断食、辛い入院生活

しばらくすると妻が入院で必要なもの等を届けてくれました。

やはり妻の顔を見るとホッとしました。


 

「お待たせ。身体の調子はどうなの?」


「うん、ありがとう。大丈夫。だいぶ良くなって来ているようだよ。」


「そう!それは良かった。
あの時、お父さんは脱水症状になって、ショック死を起こすところだったのよ。
もう少し遅かったらどうなっていた事か・・・。
本当に心配したよ。。。」


 

妻は私の身の回りを整理しながら言いました。


妻には本当に大変な思いをさせてしまい、申し訳なく思っていました。


 

そしてこの時の《緊急入院》、
いつ退院出来るのか全く見当がつきませんでしたので、
とりあえず、妻にお願いして健康食品も持ってきてもらっていました。

私の飲んでいる健康食品は『要冷蔵』のため、
保冷剤と一緒にクーラーボックスに入れ、ベッドの脇に置いておく事にしました。


 

そんな時主治医が私の病室にやって来ました。


「笹野さん、しばらくは様子を見ましょう。
すみませんが、しばらくは食事も我慢して下さい。」


『食べるな』と言われると、逆にどうしても食べたくなってしまうのが人の常・・・、
私はその話を聞いた途端、お腹が空いて空いて辛かったことを覚えています。


 

「なぁお母さん、オレにとって食べられないと言う事はとても大変な事なんだ。
先生はその事を分かって理解してくれているのかな?!」


「そうよね、今が一番大事な時なんだから少しでも口から物を入れないとだよね。
でも先生がそう断食指示を出している間は、
とにかく健康食品だけでは飲むのを忘れないようにしないとね。」




毎日、夕方6時頃になると看護師さんがお茶かお湯を注ぎに回って来ました。

私はこれは注いでもらえました。


その後食事の時間、配膳カートにそれぞれの患者さんの名札がある配膳プレートを
各々持って行って自分のベッドで食事をします。

歩けない人は看護師さんが運んでくれます。


私はしばらくの間、この配膳カートに『名札』がありませんでした。


食事の時間が終わるまで、1階の喫煙所でタバコを吸って時間を潰していました。


翌日の朝、昼・・・、そして夜。。。 また翌日・・・。


 

そんな辛くて苦しい『断食生活』が何日間か続きました。



 

 




 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ