娘の結婚式が2ヶ月後と聞く

ある日、通院での点滴を終え、家で休んでいると末娘夫婦が家に来ました。

末娘夫婦は籍は入れていたものの、まだ結婚式は挙げていませんでした。


この頃は私がもう肝臓がんで死ぬような事は無いと
家族は皆思っていてくれるようになっていた頃で
私の体調を考え、8月下旬(2004年・平成16年)に
挙式の予定を進めている事を聞きました。


私はその話しを聞いて、嬉しさと共に戸惑いも感じてしまいました。


可愛い娘の結婚式に出て一緒にバージンロードを歩きたいと言う気持ちは
もちろん強く持っていましたが、わき腹のチューブが・・・。

礼服を着るにもチューブと胆汁の容器をどうしたら良いのか。。。


まさか礼服にショルダーバッグを下げて歩くわけにも行きませんし。。。


 

私は素直な心配として妻や娘達にその事を聞いてみました。


その後みんなで話し合い、いろいろなアイデアを出し合った結果、
娘が『胆汁の容器を入れる袋』を縫ってくれる事になりました。


私はこの時、本当にとても嬉しく思いました。

そしてそれと共に、末期がん(肝臓癌)を絶対に克服するんだと
更に生きる力を持つ決意をしました。



 

 




サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ