免疫力で末期がんが?!

闘病生活を終え、気持ちに余裕が出来た頃、
私は自分が飲んだ健康食品について知りたくなり、書店に行ってみた事がありました。

自分が飲んでいた健康食品の本があるのではないかと以前から考えていました。


それと共に私の末期だった肝臓がんがどうして治ったのか
自分なりにとても気になっていて、出来る事ならば知っておきたいと思っていました。


 

私は元々、サプリメントとか、健康食品には興味があり
それまでにも様々なものを見て来たし、話しを聞く機会も多くありました。


そんな話しの中で、『病気が改善した』とか、
『これを飲んで癌が治った人がいる』などと言う話しも良く聞いていました。


しかし、そのような事は【話しの中だけ】で、
実際に癌が治ったと言う人に会いたいと思っても、会う事は出来ませんでした。


やはり半信半疑な気持ちは否めませんでした。


しかし今、私はその【今まで会った事が無い癌が治ったと言う体験者】
なってしまうとは想像すらしませんでした。


 

——————————-
友人が教えてくれたこの2種類の健康食品を飲んだ事で
自分の身体の中で一体何が起こったのだろう・・・。
どうして末期がんまでもが克服出来たのか。。。
——————————-


 

書店に着くと私は健康雑誌などがあるコーナーへ向かいました。

棚には健康関連の雑誌が所狭しと並んでいました。


『癌が治った!』『ガンが消えた!!』など
タイトルも凄いものばかりでした。


それなりに良書も多いとは思いますが、
パッと見たとき、とにかく迷ってしまうのが現実だろうと思います。


私はいろいろな本を開きながら探しているうちに
2種類の健康食品に関する本は見当たらなかったが、私が気になる本がありました。


それは【免疫力】に関する本でした。

私は20数年前、免疫力と食事の重要性について講義を受けた事がありました。

私はその本にパラパラと目をやりながら
納得する部分が多くあり、
闘病中も知らず知らずのうちに実践していたのかも知れないと感じました。


そんな事を考えながら、私は免疫力に関する本を2冊購入し、家に戻りました。


その日、家に帰ってからも私はそれらの本を読み続けました。


そして【人間の身体は本当に不思議だ】と思いました。


私は以前、栄養学の講義を聴いた時の事をふと思い出しました。


『私達人間は毎日の食生活において、
栄養素が十分に足りていれば基本的に病気にはなりません。
逆に考えると、もし病気になってしまったら何が原因なのかを考え、
足りない栄養素を補えば改善に向かうと言う事です。
私達人間には病気を治そうとする【自然治癒力】がある事を覚えておいて下さい。』


それは先生自らご自分の病気を克服したお話しでした。


病気こそ違いましたが、それは先生自身の体験を基に話された言葉でしたので
説得力を感じ、より記憶に残っていました。


 

『自然治癒力』とは良く耳にしますが
私は改めて人間の身体は凄いものだと思いました。


私のような余命3ヶ月の宣告を受けてしまうような末期がんでも治す力があるのですから。。。


 

本当に人間の身体は不思議です。。。



 

 

 





 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ