『乳酸菌酵素抽出液』と『アガリクス』という健康食品を紹介してもらう

『最後の頼み』と言う期待と希望を持って早めの夕食を摂り伊藤さんとの約束の場所へと向かいました。




私が紹介された健康食品は2種類ありました。

『乳酸菌酵素抽出液』と言うものと『アガリクス』でした。


どちらも液体でした。

後から思えば、伊藤さんはセリを採っている最中も、良く時間を気にしていました。

彼女自身、とても忙しい生活をしている中で、私の病気のためにわざわざ時間を割いて、話しを聞きに行ってくれていたのです。


私は何より伊藤さんのその気持ちがとても嬉しく思いました。


私は伊藤さんから『乳酸菌酵素抽出液』と『アガリクス』の話しを聞いたとき、まだそれらがどんなものかも理解していないうちから心の中では既に飲む事に決めていました。


妻も同じ気持ちでお金を用意してくれました。


私はもともとサプリメント等、健康食品好きでしたが
液体の健康食品は初めてでした。


アガリクスは時々耳にした事がある言葉でしたが、
もうひとつの『乳酸菌酵素抽出液』は初めて聞く言葉でした。


しかし、『乳酸菌酵素抽出液』と言う言葉を聞いた時、
ふと、兄が元気だったそれから10数年前に
『乳酸菌生産物質』と言うものが入ったサプリメントを
知人から紹介された事を思い出しました。


しかし当時は全く興味が無く、その製品名さえ思い出せません。

その『乳酸菌生産物質』というサプリメントは、スティック状の粉末で飲みやすい感じのものでした。


アガリクスについては、私はキノコ狩りが趣味なので
アガリクスがキノコの一種だと言う事はわかりました。

しかし、煮出した訳でも無いのにそれは『液体』。


その部分はお店の方の説明を受けても良く理解出来ませんでした。


良く理解は出来ませんでしたが、
私はその『乳酸菌酵素抽出液』と『アガリクス』という健康食品を信頼している友人、伊藤さんから紹介されたこと、そして、その健康食品のお店の方も誠実そうで信頼出来たことで、安心して飲み始めることが出来ました。



サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ