余命3ヶ月の宣告・・・妻に

私が肝臓移植の話しを断ると、気まずい空気は部屋の中を流れていました。


主治医は言いました。

「今は医療技術が進歩していますから
血液型が同じであれば肝臓の移植は可能だと思います。」と。。。


 

私の家族は皆、血液型は『O型』でした。


主治医のそんな話しを聞くと、
息子も娘達も肝臓提供者になると言い出しました。


 

『みんな、気持ちは嬉しい。
気持ちはとても嬉しいけど、何を言っているんだ。
そんな事させる訳には行かない。絶対に無理だ。』


 

「先生、やはり肝臓移植はしなくていいです。」と私は断りました。


 

「笹野さん、ここで結論を出さないで、一度奥様と一緒に
肝臓移植の経験がある大学病院に行って相談されてみて下さい。私が紹介状を書きますから。」



 

 

その日はそんな話しで終わりました。


私はどうすればいいのか分からなくなっていました。

でもどう考えても肝臓提供者を家族で考える事はあり得ませんでした。


 

先生との話しの後、主治医の部屋を出て、家族と一緒に病室へ戻ったのですが
その時何を話したのか、頭の中が混乱していて今でも良く思い出す事が出来ません。



 

 

後になって分かった事でしたが、妻はこの頃、大変な事を先生から聞かされていたようでした。

私の病状が肝臓がんの末期症状であったため主治医から余命3ヶ月の宣告を受けていたのです。


ご主人の病状は進行性の肝臓がんで末期症状です。
今後抗がん剤治療を行ったとしても余命3ヶ月でしょう。』と。



妻は私にはこの余命3ヶ月の宣告については一回も口にした事はありませんでした。

妻はこの、余命宣告を聞いて、息子や娘たちに相談し、肝臓移植と言う話しが持ち上がって来たのだろうと思います。

とにかく時間が無いため、私を生かす方法としていろいろ調べてた結果、
肝臓移植が出て来たのだと思います。



家族の気持ちはとても嬉しいし、とても感謝しています。

しかし、しかしです。

私のために健康体の家族の身体にメスを入れる事なんて、
私は決して出来ないし、賛成する事はありませんでした。

 

 




 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ